ターゲットのWindows 10バージョンをプロフェッショナルエディションで設定できるようになりました

Microsoftは、Windows 10バージョン2004の設定アプリケーションで、オペレーティングシステムのプロフェッショナルバージョン用の機能更新を延期するオプションを削除しました。 Homeエディションでは、オプションが最初からありませんでした。

管理者は引き続きグループポリシーを使用して、プロフェッショナルバージョンのWindows 10の更新を延期することができます。これを行うには、グループポリシーエディターを開き、機能の更新の受信ポリシーをここで構成します。コンピューターの構成>管理用テンプレート> Windowsコンポーネント> Windows Update> Windows Updateビジネスのための。

Microsoftが変更の発表で明らかにしなかったのは、別のオプションがあり、さらに優れたオプションがあるということです。

ほぼ文書化されていない機能は、 技術コミュニティ 記事のみが表示され、カナダのブロガーによって発見されました エドブレイター (ありがとう ウッディ )。これにより、管理者はWindows 10の目的のターゲットバージョンをプロフェッショナルバージョンで指定できます。

この設定は、Windows 10のすべてのプロフェッショナルバージョンで機能します。 Windows 10 ProおよびEnterprise。バージョン1803以降でサポートされています。

windows 10 targetreleaseversion

あなたがしなければならないのは、システムをオンにしたいWindows 10のターゲットリリースバージョンを指定することだけです。詳細は次のとおりです。

  1. Windowsレジストリエディターを開きます。 [スタート]を選択し、regedit.exeと入力して、結果を選択します。
  2. 次のキーに移動します。HKEY_LOCAL_MACHINE SOFTWARE Policies Microsoft Windows WindowsUpdate
  3. Windows Updateを右クリックし、[新規]> [Dword(32ビット)値]を選択します。
  4. TargetReleaseVersionという名前を付けます。
  5. その値を1に設定します。
  6. Windows Updateを右クリックし、[新規]> [文字列値]を選択します。
  7. TargetReleaseVersionInfoという名前を付けます。
  8. その値を目的のターゲットバージョンに設定します。
    1. 2004 for Windows 10バージョン2004。
    2. Windows 10バージョン1909の1909。

windows 10 set target feature update version

高度なPowerShellプロンプトを使用して変更を行うこともできます。

  1. Windows-Xを使用して管理メニューを開きます。
  2. リストから[Windows PowerShell(admin)]を選択します。
  3. 次のコマンドを実行します(2番目のコマンドのXXXXを、1909などの目的のターゲットバージョンに変更してください。
    • reg add HKLM SOFTWARE Policies Microsoft Windows WindowsUpdate / f / v TargetReleaseVersion / t REG_DWORD / d 1
    • reg add HKLM SOFTWARE Policies Microsoft Windows WindowsUpdate / f / v TargetReleaseVersionInfo / t REG_SZ / d XXXX

機能をリセットする場合は、レジストリで作成したDword値を再度削除します。また、ターゲットバージョンはいつでも変更できます。

注意: 現在のバージョンまたはより新しいバージョンのWindows 10のみを指定できます。たとえば、以前のバージョンを指定します。 1803はすでにWindows 10バージョン1909を使用していますが、何もしません。

新しいバージョンを指定すると、たとえ新しいバージョンが利用可能であっても、Windows 10はその特定のバージョンに移動し、別のバージョンには移動しません。これは、システムをWindows 10の最新の機能更新バージョンにアップグレードしたくない管理者にとっては朗報です。

同じバージョンが指定されている場合、Windows 10は「サービスの終了」までそのバージョンを維持します。マイクロソフトでは「サービスの終了」という用語の定義は緩やかですが、Windows 10バージョンがサポート終了に達する前に、更新が一度に実施されることは明らかです。