WindowsがMsconfigを見つけられない

このガイドは、ツールを読み込もうとしたときにエラーメッセージWindows Cannot Find MsconfigをスローするWindowsシステムを修復するのに役立ちます。

Microsoftシステム構成ユーティリティの略であるMSConfigは、Windowsオペレーティングシステムと共に配布される管理ツールです。

これは、いくつかのシステム設定、ファイル、パラメータにすばやくアクセスできるようにMicrosoftによって設計されています。これには、起動項目、Windowsサービス、起動オプション、boot.iniやsystem.iniなどのiniファイルが含まれます。

注意 :Microsoftは、新しいバージョンのWindowsでmsconfigの構成を変更しました。たとえば、スタートアップ項目を管理するオプションが削除されました。

MSConfigには、Windows-Rを使用してmsconfigと入力し、Enterキーを押すことにより、runコマンドからアクセスできます。

WindowsがMsconfigを見つけられないのを修正する

windows cannot find msconfig

まれに、Windowsがアプリケーションを起動できない場合があります。オペレーティングシステムに「WindowsがMSConfigを見つけられません。名前を正しく入力したことを確認してから、再試行してください。ファイルを検索するには、[スタート]ボタンをクリックし、[検索]をクリックします。

名前を正しく入力したことを確認したら、データの破損またはウイルスが原因である可能性のある問題に直面する可能性があります。

Windowsがエラーメッセージを表示する理由は基本的に2つあります。 1つ目は、ファイルがハードドライブのデフォルトディレクトリに存在しないことです。 2つ目は、レジストリのファイルパスが間違った場所にリンクしているか、まったく存在しないことです。

MSConfig.exeの検索

最初のタスクは、コンピューターシステムでmsconfig.exeを見つけて、プログラムが存在するかどうかを確認することです。 Microsoftがファイルを配置するデフォルトのディレクトリは WINDOWS pchealth helpctr binaries Windows XPシステムではWindows system32 、Windows VistaシステムではWindows system32 、およびWindowsの新しいバージョン。

ファイルがそのディレクトリにあることが判明した場合は、手順2に進んで、Windowsレジストリの正しいファイルパスを確認します。ファイルがまったくない場合は、そこに追加し直す必要があります。これを行う最も簡単な方法は、WindowsインストールCDまたはDVDから再度抽出することです。

Windows CDから抽出するには、コマンドラインからコマンドを実行する必要があります。 Windows-Rを押し、cmdと入力してEnterキーを押します。

Windows XPを実行している場合は、次のコマンドを入力します(EがWindows CDを含むドライブの文字であり、C: WINDOWS がWindowsインストールの場所であると仮定します)。

EXPAND -R E: I386 MSCONFIG.EX_ C: WINDOWS PCHEALTH HELPCTR BINARIES

Windows Vistaユーザーは代わりに次のコマンドを実行します(ここでも、EがDVDドライブで、C: WindowsがWindowsインストールディレクトリであると想定しています)

EXPAND -R E: I386 MSCONFIG.EX_ C: WINDOWS SYSTEM32

msconfigパスの修正

msconfig.exe

Windowsは、選択されたアプリケーションに関するパス情報をWindowsレジストリに保存します。 Windows-Rを使用してregeditと入力し、Enterキーを押して、Windowsレジストリを起動します。次に、次のレジストリキーに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE SOFTWARE Microsoft Windows CurrentVersion App Paths

msconfig.exeという名前のエントリが存在するかどうかを確認します。 Windowsディレクトリのmsconfig.exeの場所を直接指すパス情報であるデフォルト値を確認する場合。パスが間違っている場合は、デフォルトのエントリをダブルクリックしてパスを変更できます。

msconfig.exeキーがWindowsレジストリに存在しない場合は、次の手順を実行します。

  • App Pathsキーを右クリックし、表示されるメニューから[新規]> [キー]を選択します。
  • 新しいキーに名前を付けます MSCONFIG.EXE
  • 右側のウィンドウでデフォルト値をダブルクリックし、値としてmsconfig.exeへのフルパスを追加します。デフォルトのパスは通常C: Windows System32 msconfig.exeですが、正しいことを確認する必要があります。

変更はすぐに反映されます。つまり、msconfigを再度実行して、変更によって問題が解決したかどうかを確認することができます。