Windows 10バージョン2004:リザーブドストレージ管理の改善

マイクロソフトは、Windows 10バージョン1903で予約済みストレージを導入しました。 予約済みストレージ システムの更新、一時ファイル、その他のシステムアクティビティ専用に使用されるオペレーティングシステム用のストレージを予約します。

予約済みストレージの主な目的は、重要なシステム手順の信頼性を向上させることです。一定量のストレージを必要とする新しいバージョンのWindows 10に更新する。

予約済みストレージの欠点は、数ギガバイトのストレージがユーザーのアクティビティ(例:ダウンロード、プログラムのインストール、またはメディア。

予約済みストレージは、執筆時点でWindows 10バージョン1903以降の新規インストールに限定されています。以前のバージョンのWindows 10からアップグレードされたシステムでは、予約済みストレージが有効になりません。

windows 10 reserved storage

Windows 10バージョン1909または1903を実行するWindows 10ユーザーは、次の方法を使用して、デバイスで予約済みストレージが有効になっているかどうかを確認できます。

  1. ショートカットWindows-Iを使用して、設定アプリケーションを開きます。
  2. [システム]> [ストレージ]に移動します。
  3. ページでc:ドライブを選択し、[その他のカテゴリを表示]を選択します
  4. 「システムと予約済み」をアクティブにします。
  5. 予約済みストレージは、他のシステムストレージの横に開くページに表示されます。システムファイルまたは仮想メモリ(有効になっている場合)。予約済みストレージが表示されない場合、それは使用されていません。

Windows 10バージョン2004、Windows 10の次の機能更新、および2020の最初の機能更新から、Microsoftは管理者による予約済みストレージの管理を容易にします。特に、Microsoftは、そのバージョンのWindows 10を実行しているデバイスで予約済みストレージをチェック、有効化、または無効化するDISMオプションを追加しました。

これまでは、Windows 10デバイスのレジストリを編集して、予約済みストレージをアクティブまたは非アクティブにする必要がありました。

新しいコマンドのリストとそれぞれの説明は次のとおりです。

  1. 管理者特権のコマンドプロンプトウィンドウを起動します。 [スタート]を開き、「cmd.exe」と入力して結果を右クリックし、[管理者として実行]オプションを選択します。
  2. 次のいずれかのコマンドを実行します。
    • 予約済みストレージを確認: DISM.exe / Online / Get-ReservedStorageState
    • 予約済みストレージをアクティブ化: DISM.exe / Online / Set-ReservedStorageState / State:Enabled
    • 予約済みストレージを非アクティブ化: DISM.exe / Online / Set-ReservedStorageState / State:Disabled

新しいコマンドにより、管理者はWindows 10デバイスで予約済みストレージを簡単に確認、有効化、または無効化できます。予約済みストレージのサイズを変更するオプションはまだ利用できません。

では、あなた :予約済みストレージ、良いアイデアですか? (経由 デスクモダー