マイクロソフトは、コンシューマー向けMicrosoft 365サブスクリプション製品を発売しますか?

マイクロソフトは過去数年間、サブスクリプションに重点を置いてきました。同社は、コンシューマー、ビジネス、エンタープライズ向けのOffice 365、およびビジネスとエンタープライズ向けのMicrosoft 365を発表しました。

2つのサブスクリプションベースの製品は、Officeとオンラインストレージへのアクセス、および WindowsおよびOffice それぞれ。選択したプランによっては、追加機能が利用できる場合があります。

マイクロソフトは、さまざまな戦術を使用して、顧客に通常バージョンのOfficeからサブスクリプションベースのOffice 365に切り替えるようにしています。

MicrosoftがMicrosoft Officeの一括払いバージョンであるOffice 2019を発売したとき、それはソフトウェアを作りました Windows 10専用 そして Office 2019を購入しないようにお客様に勧めました 。同社はOffice 2019をいくつかの方法で制限しています:Office 2019は機能の更新を受信せず、単一のデバイスにのみインストールでき、一部のエディションの価格 増加した 同じように。

microsoft 365

WindowsとOfficeを1つのサブスクリプションに組み合わせたサブスクリプションベースの製品であるMicrosoft 365は、これまでコンシューマーバージョンではリリースされていませんでした。 2017年に知りたかった サブスクリプションの料金を支払うかどうか OfficeとWindowsの見返りを得るには、一部の決定はサブスクリプションの価格に依存しますが、返答しない人のほとんどはそうではないと述べました。

MicrosoftはまだMicrosoft 365のコンシューマーバージョンを発表していませんが、近い将来に同社が1つまたは複数のプランをリリースすることはほぼ避けられません。

一部のMicrosoft Office 365のお客様 気づいた 最近、製品の名前がOffice 365からMicrosoft 365に変更されました。

メアリージョーフォーリー 尋ねた マイクロソフトはこの変更についてマイクロソフトに、「現時点で」Office 365をMicrosoft 365にブランド変更する計画はないと回答しました。マイクロソフトは、一部の顧客がブランドの変更が最終的に行われるのを見る理由を明らかにしなかった。

変更がバグによって引き起こされた可能性があります。これらが2つの異なる製品であるため、MicrosoftがOffice 365をMicrosoft 365にブランド変更する可能性は低いと思われます。ブランド変更は確かに何かが起こっていることの確認ではありませんが、10月のSurfaceイベントまたは11月のIgnite中にMicrosoftが最初のコンシューマーサブスクリプションバンドルを発表することを非常に意味する可能性があります。

おわりに

消費者向けMicrosoft 365は、すべての一括払い製品をサブスクリプションベースの製品に変えるというMicrosoftの追求における次の論理的なステップです。消費者は現在Windowsに1回支払うだけで、サブスクリプションモデルに切り替えるよう説得するには、サブスクリプションベースのモデルを1回払いのモデルよりも魅力的に見せるためのインセンティブが必要です。

問題は、Microsoftが消費者向けのMicrosoft 365製品を発表するかどうかではなく、いつ発表するかだと思います。

では、あなた :Microsoft 365サブスクリプションの料金はいくらですか?