WindowsでTRIMが有効になっていることを確認する

TRIMコマンドは、時間の経過に伴うソリッドステートドライブのパフォーマンス低下に対処するように設計されています。 TRIMを使用すると、オペレーティングシステムはSSDのコントローラーにデータブロックが使用されなくなったため、ワイプして再利用できることを通知できます。

TRIM以前は、SSDはストレージデバイスが書き込み操作を処理する方法が原因で、時間の経過とともにパフォーマンスが低下していました。

一部の製造元は、ソリッドステートドライブのパフォーマンスを許容レベルに維持するために定期的に実行する必要があったリセットツールを最初に使用してこれに対処しました。最後に、いくつかのガベージコレクションがコントローラーに追加されました。ガベージコレクションは、最適化操作を実行したり、TRIMを使用してストレージを最適化したりできます。

現在、TRIMの問題は、現時点ではWindows 7、Windows Server 2008 R2、Linux、およびそれらのシステムの新しいバージョンでのみサポートされていることです。これらのオペレーティングシステムを実行していないユーザーは、TRIMにアクセスできません。

Windowsユーザーは、TRIMが適切に機能していることを確認する必要があります。特に、ソリッドステートドライブのパフォーマンスが時間の経過とともに大幅に低下しているように見える場合は、

オペレーティングシステムでTRIMが有効になっているかどうかを確認する3つのオプションを紹介します。

ドライブコントローラ情報

trim windows 7

ポータブルソフトウェアプログラムはすべてのドライブのスキャンを実行し、Windowsファイルシステム削除通知(ATA TRIM)が有効かどうかを報告します。プログラムを実行し、スキャンが完了するまで数秒待って、メインプログラムインターフェイスで結果を確認するだけです。

ドライブコントローラー情報は、これをクリックしてダウンロードできます リンク

トリムチェック

trimcheck

トリムチェック は、TRIMが有効になっているかどうかを確認するために2回実行する必要があるオープンソースのコマンドラインツールです。

最初の実行ではランダムデータが作成され、データが削除されます。2番目の実行では、TRIMがドライブで実行されたかどうかがチェックされます。

これは自動的に機能しますが、PCを再起動するか、TRIMコマンドを手動で実行するソフトウェアを実行する必要がある場合があります。

管理者のコマンドプロンプト

2番目のオプションでは、サードパーティのソフトウェアは必要ありません。ユーザーは、昇格された権限でコマンドプロンプトを起動する必要があります。これを行うには、開始orbをクリックし、次に[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[コマンドプロンプト]を右クリックして[管理者として実行]を選択します。

別のオプションは、Windowsキーを押し、cmd.exeと入力し、ShiftキーとCtrlキーを押しながら結果を選択することです。

次にコマンドを実行します fsutil動作クエリDisableDeleteNotify 結果を見てください。

trim enable windows-7

2つの結果が可能です。

  • DisableDeleteNotify = 0:これは、TRIMが有効であり、オペレーティングシステムで動作していることを示します。
  • DisableDeleteNotify = 1:これは、TRIMが有効になっておらず、SSDがその恩恵を受けないことを意味します。

システムでTRIMがアクティブでない場合、SSDが正しく認識されなかった場合、SSDが遅くなった場合、またはドライバーが正しくインストールされていない場合があります。

Windows 7で有効になっていない場合、同様のコマンドでTRIMを有効にできます。TRIMをアクティブにするには、次のコマンドを発行します。 fsutilの動作設定DisableDeleteNotify 0