Microsoft Wordを使用してPDFドキュメントを保存する

マイクロソフトは、Microsoft OfficeおよびWordに、ソフトウェアの機能を拡張するファーストパーティまたはサードパーティのアプリケーションである、いわゆるアドインを導入しました。

これらのアドインは、FirefoxやGoogle ChromeなどのWebブラウザーから知っている拡張機能と同様に機能します。それらは異なる方法でインストールされますが、Microsoft Officeプログラムの機能を追加または変更します。

特に1つのアドインは、個人的には私にとって大きな資産です。 2007 Microsoft Officeアドイン:Microsoft PDFまたはXPSとして保存 Microsoft Word 2007やExcel 2007を含む8つのOfficeプログラムで動作します。

私は毎月いくつかのPDF文書を作成する必要があり、今からこのタスクのために多数のオンラインコンバーターの1つを使用しています。ファイルを別のWebサイトにアップロードしなければならないという事実は気に入らなかったが、それが今のところ唯一の有効な解決策であった。

これは、WordおよびExcelでドキュメントをPDFとして保存するオプションを追加するMicrosoft Officeアドインで変更されました。ダウンロードは正規のOffice 2007ユーザーのみが利用でき、Microsoftはダウンロード前にチェックを実行しています。

で動作します:

  • Microsoft Office Access 2007
  • Microsoft Office Excel 2007
  • Microsoft Office InfoPath 2007
  • Microsoft Office OneNote 2007
  • Microsoft Office PowerPoint 2007
  • Microsoft Office Publisher 2007
  • Microsoft Office Visio 2007
  • Microsoft Office Word 2007

更新 :Microsoftは機能をOffice 2010およびOffice 2013などの新しいバージョンにネイティブに実装していることに注意してください。これは、アドインがすでに利用可能なため、これらのバージョンのOfficeにアドインをインストールする必要がないことを意味します。

export to pdf office

これを使用するには、次のことを行う必要があります。

  1. PDFドキュメントに変換するドキュメントを開きます。私はこれをWordとExcelでテストしただけですが、これが他のOfficeアプリケーションでも機能している可能性は非常に高いです。
  2. 上部の[ファイル]をクリックし、[エクスポート]> [PDF / XPSの作成]をクリックします。
  3. その後、ファイル保存ダイアログが表示され、デフォルトでPDFが選択されます。 [発行]をクリックしてローカルシステムに保存するか、最初にオプションをクリックして、エクスポートするものをカスタマイズします。
  4. ここでのオプションには、選択したページのみのエクスポート、ドキュメントの暗号化、ドキュメントのプロパティやアクセシビリティのための構造タグなどの非印刷情報を含めることが含まれます。