TreeLineは、WindowsおよびLinux用のオープンソースPIMです。

ノートを取るアプリにはたくさんの選択肢があり、私たちのレビューを参照してください tomboy-ng 、または ジョプリン 。しかし、もっと複雑なものを選択する必要がある場合は、TreeLineにする必要があります。

TreeLine is an open source PIM for Windows and Linux

メモを取るアプリに名前を付けるのは適切ではありません。PIM(個人情報マネージャー)として使用できるデータベースプログラムです。

TreeLineのインターフェイスには、メニューバーとツールバーの3つのペインがあります。このプログラムを使用して、プレーンテキスト、リッチテキスト、HTML、画像などのデータを保存できます。新しいノートブックを開始する場合は、[ファイル]メニュー> [新しいファイル]オプションをクリックして、ノートのテンプレートを選択します。単一行テキスト、長いテキスト、連絡先リスト、ブックリスト、ToDoリストから選択できます。

次のセクションでは、デフォルトのノートブックを使用します。ここでは、[ファイル]> [新規]をクリックし、[長いテキスト]を選択します。左側のサイドバーに「親」というノードが表示されます。これがプライマリノードまたは「ルートフォルダ」です。 「子」というラベルの付いたサブノードがあります。ノードを右クリックして、コンテキストメニューを表示します。ノードの名前変更、並べ替え、インデントに使用します。

TreeLine longtext

右ペインの下部に3つのタブがあります。デフォルトのビューは「データ出力」タブで、2つ目の「データ編集」に切り替えます。これはTreeLineのデータエディターです。

TreeLine longtext edit

いくつかの箱があります。上部にあるのは名前または見出しボックスで、その下にある大きなものはメモを保存するテキストボックスです。新しい名前を付けて、テキストボックスに何かを入力しました。これは私の最初のメモです。 [データ出力]タブに戻ると、以前に保存したコンテンツが表示されますが、このタブでは編集できません。 [タイトルリスト]タブには、各子ノードの見出しが表示されます。

TreeLine longtext edit 2 TreeLine longtext 2

そういえば、サイドバーに好きなだけノードを追加できます。それらは兄弟(同じ親ノードの下に保管されている)または子のいずれかです。新しいコンテンツを保存するには、新しいノードを追加して編集するだけです。それは簡単です。

TreeLine image

データ型を手動で構成する

TreeLineの真の強みは、データ型にあります。これらは、手動で構成する必要がある値です。エントリがないため、デフォルトのノートブックは空白で始まります。ツリービュー(左側のサイドバー)で「メイン」という単語を右クリックして、コンテキストメニューを表示します。

「子の追加」を選択すると、新しいノードが作成されます。名前を付けます。ノートブックを使用する前に、ノードのテンプレートを設定する必要があります。たとえばプレーンテキストを保存するには、タイトルフィールドとテキストフィールドを構成する必要があります。画像の場合は、別のデータ型を設定する必要があります。

treeline custom

[データ]メニューをクリックし、[データ型の構成]オプションを選択します。ここには5つのタブがあります。最初のタブはタイプリストです。ここでさまざまなデータタイプ(プレーンテキスト、htmlなど)を設定できます。 TreeLineは常に 'DEFAULT'タイプを持っています。この例ではそれを使用します。

treeline custom - step 2

次のタブ「Type Config」に切り替えます。ノード間に空白行を追加し、HTMLリッチテキスト形式、箇条書き、およびテーブルフィールドを有効にするオプションがあります。すでにフィールド「名前」があり、そのタイプは「テキスト」です。これは、データエディターで前に見たもので、タイトルの追加に使用します。

treeline custom - step 3

このタブから新しいノードのアイコンを変更できます。 3番目のタブは「フィールドリスト」です。

treeline custom - step 4

右側の[新しいフィールド]ボタンをクリックします。テキストコンテンツを保存するため、「Plain_Text」という名前を付けます。プログラムは常に新しいフィールドのタイプをテキストに設定します。これを変更する場合は、「フィールド構成」タブを使用します。とりあえず、そのままにしておきましょう。

treeline custom - step 5

[出力]タブに移動し、出力形式を{* Plain_Text *}に設定します。タイトル形式の値は{* Name *}で、変更しないでおくことができます。

treeline custom - step 6

[適用]を選択し、次に[OK]ボタンをクリックして、[データタイプの構成]ウィンドウを閉じます。ふew!ちょっと難しかったですね。ここで何をしたか説明します。メモの保存に使用できる「Plain_Text」という新しいテキストボックスを作成しました。また、出力ビューアにメモを表示するようにTreeLineを設定する必要がありました。

使用法

treeline custom edit

[データエディター]ウィンドウに戻ると、textという新しいフィールドがあることがわかります。これを使用して、メモを保存できます。 [名前]フィールドにタイトルを入力し、[テキスト]フィールドにメモを入力します。プログラムは左側のバーにタイトルを表示し、右側のペインにメモの内容を表示します。

treeline custom view

上記の手順を繰り返して、HTMLやテーブル、URL、画像などの他のコンテンツに異なるノードデータタイプを作成します。ノートブックでデータタイプを設定すると、そのノートブックに保存したメモで使用できるようになります。サイドバーのノードを右クリックし、[ノードタイプの設定]メニューを使用して、作成したノードを表示します。それに切り替えて、ノード内の対応するコンテンツを使用します。

親ノードには複数の子ノードを含めることができ、これらはそれぞれ異なるタイプにすることができます。 TreeLineで作成したHTMLノードの例をいくつか示します。これらはそれぞれ異なる「データタイプ」ノードを使用します。

TreeLine html

テキストをハイライト表示し、フォーマットメニューまたは右クリックコンテキストメニューを使用して、コンテンツに下線、太字、斜体を付けます。このメニューから、フォントの種類、色を変更したり、テキストにURLを追加したりできます。

TreeLineは移植可能ではありませんが、インストールされたバージョンはその設定を独自のフォルダーに保存するように設定できます。 Windowsバイナリは公式Webサイトで入手できます。 Linuxユーザーは、アプリを ソースコード

TreeLineの手動構成には学習曲線があり、理解するのが少し難しい場合がありますが、それは非常にやりがいがあります。他のオプションの1つ(長いテキストなど)を使用する場合、使用方法は非常に簡単です。

TreeLine

Windowsの場合

ダウンロード中