ウィンドウセンタリングヘルパーを使用して、プログラムのウィンドウを画面の中央に再配置します。

WindowTopウィンドウTopMostコントロール 、 OnTopper 、 UltWin は、ほとんどのプログラムのウィンドウを管理するために使用できるさまざまなアプリケーションの一部です。画面の中央にウィンドウを配置できるものはどうですか?

これがまさにウィンドウセンタリングヘルパーの機能です。アプリケーションは、ユーザーフレンドリーです。

Reposition any program

実際、これはインストールして忘れるようなプログラムです。それは、バックグラウンドで実行されて自動的に動作するためです。ほとんどの場合、ユーザーの操作は一切必要ありません。

ウィンドウセンタリングヘルパーは、システムトレイアプリケーションとして実行されます。ありますか?そのアイコンはおそらくそれが「ヘルパー」プログラムであることを示すためです。アイコンを右クリックして、コンテキストメニューを表示します。これを使用して、インターフェイスの言語を変更したり、プログラムのGUIであるコントロールパネルにアクセスしたりできます。

Window Centering Helper menu

Windows Centering Helperのインターフェースには2つのオプションしかありません。 「新しいウィンドウを自動的に中央に配置する」というラベルの付いた最初のウィンドウを有効にすると、新しいウィンドウが画面の中央に再配置されます。これは、Windows 10アプリ、通常のプログラム、システムコンポーネントなど、すべてのアプリケーションで機能します。自動センタリングモードを無効にするには、オプションの横にあるボタンを切り替えます。

新しいプログラムを開いてみると、ウィンドウが画面の中央に移動すると、クリックしてその位置にドラッグしたかのように、小さなアニメーションが表示されます。ウィンドウを画面の中央に配置すると、マルチタスクで各ウィンドウを画面の異なる領域に配置しない限り、操作が簡単になります。

ウィンドウセンタリングヘルパーはプログラムのウィンドウのサイズを変更しないため、アプリケーションのウィンドウのサイズを以前に変更したことがある場合でも、影響はありません。

明らかに、センタリング機能は、最大化モードで開くアプリケーションでは機能しません。ウィンドウを最大化または復元するときはどうですか?いいえ、これらも変更されていません。

ウィンドウセンタリングヘルパーは、既に開いているプログラムのウィンドウを自動的にセンタリングすることはできません。しかし、これには2番目のオプションの形式で回避策があります。 Shiftキーを3回押して、アクティブなウィンドウを中央に配置します。

両方のオプション、つまり自動ウィンドウセンタリングと手動モードはデフォルトで有効になっています。あなたはあなたの好みに基づいてどちらかをオフに切り替えることができます。手動オプションは、以前の位置を記憶するための設定をカスタマイズしたプログラムを使用している場合に役立ちます。

Windows Centering Helperで混乱させることができる他の設定はありません。 Xボタンをクリックすると、プログラムがシステムトレイに最小化されます。トレイメニューを使用してプログラムを終了します。

Window Centering Helperはフリーウェアソフトウェアです。オプションのポータブルバージョンで利用でき、重量は2MB未満です。アーカイブではなく実行可能ファイルとして提供されるため、プログラムを直接実行できます。アプリケーションは、その設定を、EXEを配置したのと同じフォルダに作成するCFGファイルに保存します。

プログラムはGitHubでホストされていますが、オープンソースではありません。アプリケーションはWindows 7以降と互換性があり、実行するには.NET Framework 4.5以降が必要です。

ウィンドウセンタリングヘルパー

Windowsの場合

ダウンロード中