MSConfigスタートアップから古いエントリを削除する

一部のプログラムでは、Windowsオペレーティングシステムで起動するかどうかを尋ねるメッセージが表示されますが、オペレーティングシステムの多くの自動起動場所の1つにエントリを追加するプログラムもあります。これは、ソフトウェアを頻繁に使用する場合や、システムの起動時に実行する必要がある場合を除いて、ほとんどの場合あまり役に立ちません。

私はそのカテゴリに入るセキュリティ製品しか考えられず、代わりにシステムの起動を高速化するために代わりに手動で他のプログラムをロードすることを好む。ウイルス対策ソフトウェアに関しては、悪意のあるソフトウェアがギャップを利用して侵入する可能性があるため、Windowsのロード後に手動でウイルス対策ソフトウェアを起動しても意味がありません。

すべてのMicrosoftオペレーティングシステムに同梱されているmsconfigユーティリティを使用して、プログラムの自動起動を防止できることは誰もが知っています。ここで発生する問題は、プログラムが自動起動されなくなったにもかかわらず、プログラムによってリストされているため、リストが管理しにくくなり、以前にシステムにインストールされていたソフトウェアが明らかになる可能性があるため、プライバシーに影響を与える可能性があります。

それらをリストから無効にし、将来再び有効にする予定がない場合、それらをリストに保持することもあまり意味がありません。

msconfig

不要なアイテムはすべて、次の2つの方法で簡単に削除できます。

  • Windowsレジストリ
  • MSConfig CleanUPなどのサードパーティソフトウェア

レジストリの使用:

通常どおり、最初にレジストリをバックアップしてください。

  • [スタート]-> [実行]-> [Regedit]に移動するか、Windows-Rを使用して実行ボックスを開き、ボックスにregeditと入力して、キーボードのEnterキーを押します。
  • Regeditを開き、HKEY_Local_Machine / Software / Microsoft / Sharedtools / MSconfigに移動します
  • 「StartupFolder」と「StartupReg」があることに注意してください
  • 使用済みアイテムと未使用アイテムをMSConfigにリストされているアイテムと比較して、それらのフォルダーから未使用のエントリーを削除します。

MSConfig CleanUpの使用:

msconfig clean up the mess

msconfigで古いおよび未使用のスタートアップ項目をクリーンアップするプロセスは、フリーソフトウェアを使用するとはるかに簡単になります MSConfigクリーンアップ 。ソフトウェアは自動的に見つかったすべてのプログラムを表示し、削除したいリスト内のすべてのプログラムをチェックできます。

更新 :MSConfigクリーンアップツールは2007年以降更新されていないことに注意してください。新しいバージョンのWindowsオペレーティングシステムでまだ機能しているかどうかは不明なので、MSConfigからエントリを削除するには手動オプションを使用することをお勧めします。