外付けハードドライブがスリープモードに入らないようにする

No Sleepは、Microsoft Windowsコンピューターシステム用の無料のポータブルプログラムで、外付けハードドライブがスリープモードに入るのを防ぎます。

一部の外付けハードドライブは、一定時間操作がないと起動するハードコード化されたスリープモードを使用します。通常は10〜15分です。その後、外付けハードドライブはスリープモードに入り、データの読み取りまたは書き込みが必要になるとウェイクアップを開始します。

これは、スリープモードを終了して使用可能になるまでに時間がかかるため、状況によっては問題となる場合があります。それが頻繁に発生する場合は、ドライブがスリープモードにならないようにする必要があります。

全く寝ていない

sleep mode

No Sleepの開発者は、x分ごとに空のテキストファイルを外部ハードドライブに書き込み、スリープモードに入るのを効果的に防ぐ簡単なプログラムを作成しました。同じことは、単純なバッチファイルまたはAutohotkeyプログラムでも実行できますが、No Sleepは、独自のプログラムを作成する知識のないユーザー向けのソリューションです。

ソフトウェアプログラムは移植可能で、プログラムの設定の一部を構成するために使用できるグラフィカルユーザーインターフェイスが付属しています。 GUIを使用して、スリープモードに入らないようにする外部ハードドライブを選択できます。ここで、ドライブへのテキストファイルの書き込み間隔をさらに定義できます。デフォルトは1分に1回に設定されていますが、問題のハードドライブによっては、期間を少し短くしたい場合があります。

間隔は1〜15分の間で設定できます。その後、ボタンをクリックするだけでNoSleepモードを開始できます。さらに、ソフトウェアシステムプログラムをWindowsシステムトレイに配置して、できるだけ目立たなくすることができます。

スリープなしは、Microsoft Windowsオペレーティングシステムのすべてのバージョン、およびコンピューターシステムに接続されているすべての種類のハードドライブで動作します。

更新 :開発者はNoSleepHD 2.0をリリースしました。プログラムがホストされていたWebサイトは、もう利用できません。 NoSleepHDの最新の動作バージョンを独自のダウンロードサーバーにアップロードしました。

このプログラムはサポートされておらず、アーカイブの目的でのみサポートされています。次のリンクをクリックしてアプリケーションをダウンロードできます:NoSleepHD

新しいユーザーインターフェイスと改善された機能セットが同梱されています。

nosleephd

主な変更点には、スリープモードに入らないようにする複数のドライブを選択するオプションと、システムに接続されているすべてのハードドライブとそのタイプの概要が含まれます。

NoSleep HDの代替は KeepAliveHD これにより、NoSleepがサポートしていない興味深い機能がいくつか追加されます。たとえば、書き込み間隔として秒、分、時間を使用し、システムのユーザーがアクティブでない場合は書き込みを無効にし、アプリケーションに追加するドライブごとに個別に書き込み間隔を設定できます。

評決

1つまたは複数の外付けハードドライブ(または、さらに言えば内蔵)が定期的にスリープ状態になり、アクセスしたときにスリープ状態が解除されるまでに時間がかかりすぎることに気付いた場合、スリープしないことが便利な場合があります。