フォルダーとファイルをWindows 7スタートメニューにピン留めする

Windows 7のスタートメニューは2つの部分で構成されています。最初の画面には、ユーザーのカスタマイズに応じて最近のアイテムまたは選択したプログラムが表示され、2番目の画面には、スタートメニューにエントリを追加したすべてのプログラムのリストが表示されます。

Windowsエクスプローラーでプログラムを右クリックし、[スタートメニューに固定]コンテキストメニューエントリを選択すると、プログラムをスタートメニューの最初の画面に固定できます。

これにより、プログラムがスタートメニューに追加され、そこから起動できるようになります。

ただし、このオプションは実行可能ファイルに対してのみ提供され、それらのすべてに対しても提供されません。フォルダまたは非実行可能ファイルを右クリックしても、コンテキストメニューエントリは表示されません。

それでも、Windows 7のスタートメニューにフォルダーとファイルを固定することは可能です。これを行う最速の方法は、それらを目的の場所にドラッグアンドドロップすることです。

フォルダーまたはファイルをスタートメニューのorbにドラッグして開始します。 [スタートメニューに固定]オーバーレイが表示されます。フォルダまたはファイルをオーブにドロップすると、Windows 7スタートメニューの最初のページのすべてのエントリの下に配置されます。

位置をカスタマイズしたいユーザーは、スタートメニューが開いてフォルダーまたはファイルを目的の場所に配置するまで待つことができます。

pin to start menu
スタートメニューにピン止めする

フォルダーまたはファイルがスタートメニューで使用できるようになります。それをクリックすると、Windowsエクスプローラでフォルダが開くか、デフォルトのビューアでファイルが起動します。これは、デフォルトでスタートメニューに固定されていなかった特定のファイルまたはフォルダーへのアクセスを高速化する便利な方法の1つです。

また、方法についての記事に興味があるかもしれません Windows 7タスクバーにファイルまたはフォルダーを固定する この操作ではドラッグアンドドロップが機能しないためです。