dllcacheを別のドライブに移動する

system32のdllcacheフォルダーのサイズは、Windowsパーティションで約450メガバイトです。 dllcacheは、変更されたシステムファイル(dll)を元のファイルで置き換えるために使用されます。このWindowsの機能が私のハードドライブで非常に多くのスペースを占有することは気になります。

私の場合はかなり深刻です。Windowsパーティションをかなり小さくすることにしたため、私が何を意味するかを知っている場合は、すべてのバイトがカウントされます。

機能を維持しながらdllcacheフォルダを別のドライブに移動するというアイデアが生まれました。 dllcacheフォルダーの場所を変更するには、Windowsレジストリを開いて変更します。これを行うには、WindowsとRキーを同時に押して、ランボックスを開きます。フォームにregeditと入力し、後でEnterキーをタップします。

左側のフォルダー構造を使用して、次のキーに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE SOFTWARE Microsoft Windows NT CurrentVersion Winlogon

その後、キーを右クリックし、コンテキストメニューから[新規]> [文字列]を選択します。文字列に名前を付ける SFCDllCacheDir OKをクリックします。右側に表示されます。値が表示されたらダブルクリックして値を変更し、新しい場所を文字列として追加します(例:e: dllcache )。

次回コンピュータを再起動した後、Windows XP CDをドライブに挿入して、いくつかのファイルをドライブから新しいdllcacheの場所にコピーできるようにするように求められます。別の方法は、単に古いフォルダーから新しいフォルダーにファイルを移動することです。

これがシステムで自動的に発生しない場合は、コマンドを使用できます sfc / scannow Windowsに新しいフォルダをファイルでいっぱいにするよう強制します。

または、システムで使用可能な場合は、グループポリシーエディターで設定を構成することもできます。システムにgpedit.mscをロードし、[ローカルコンピューターポリシー]> [コンピューターの構成]> [管理用テンプレート]> [システム]> [Windowsファイル保護]に移動して、[Windowsファイル保護キャッシュの場所を指定する]ポリシーを有効にします。

更新 :これはWindows XP、Windows 2000、およびWindows Server 2003でのみ機能することに注意してください。dllcacheフォルダは、新しいバージョンのWindowsの一部ではなくなりました。新しいバージョンのWindowsでは、代わりにデフォルトでc: windows winsxs の下にあるWinSxSフォルダーを使用します。