KeePassXC:クロスプラットフォームのKeePassクライアント

KeePassXCは、KeePassをベースにした無料のクロスプラットフォームクライアントで、さまざまなオペレーティングシステムでデバイスを実行するユーザーに役立つ可能性があります。

キーパス デフォルトでは、Windows専用のソフトウェアです。パスワードマネージャーはローカルプログラムです。つまり、クラウドにデータを保存しないか、機能するためにインターネット接続が必要です。

これは、直接アクセスすることなく、リモートクラウドサーバー上のインターネットにパスワードを保存したくないユーザーにとって非常に魅力的です。

KeePassの2つの欠点は、Windowsのみであることと、一部のユーザーにとって、プログラムのバージョン2.xがMicrosoft .Net Frameworkに依存していることです。

LinuxおよびMacデバイスでMonoを使用してKeePassを実行することは可能ですが、それには独自の問題が伴います。

KeePassXC

keepassxc

KeePassXCはそれを排除します。これはクロスプラットフォームアプリケーションであるため、3つのオペレーティングシステムすべてのパッケージが提供されているため、Windows、Mac、およびLinuxデバイスでネイティブに実行できます。

これは、デバイス上でKeePassXCを実行したときに、そのオペレーティングシステムまたはディストリビューションのルックアンドフィールが得られることを意味します。

Microsoft .Netを嫌うWindowsユーザーもKeePassXCを利用できます。 KeePassのバージョン1.xを使用できますが、その特定のバージョン 制限されています KeePassのバージョン2.xと比較したときの機能。 KeePassXCはMicrosoft .Net Frameworkに依存しないため、解決されます。

Macユーザーは、KeePassXCと、KeePassベースのMac専用クライアントであるKeePassXの類似点に気付くかもしれません。 KeePassXCはKeePassXのフォークです。プロジェクトの主な目標は、「メインのKeePassXリポジトリに組み込まれなかった、停止したプルリクエスト、機能、およびバグ修正を組み込むこと」です。

KeePassXCがサポートする、KeePassXがサポートしない機能には、次のものがあります。

  1. すべての主要プラットフォームで自動入力。
  2. スタンドアロンパスワードジェネレーター。
  3. パスワードの強度の問題。
  4. ファビコンは、エントリのアイコンとして使用されます。
  5. データベースのマージ。
  6. ディスク上で変更されたデータベースの再読み込み。
  7. ChromeおよびFirefox拡張機能で使用するためのKeePass HTTPサポート。

KeePassXCは、データの保存に使用するKeePass 2.xパスワードデータベース形式をサポートしています。 KeePass 1.xデータベースをプログラムにインポートして、プロセス中に新しい2.x形式に変換することができます。

KeePassXCのソースコードは 利用可能 プロジェクトのGitHubページ。

おわりに

クロスプラットフォームの互換性は、間違いなくオリジナルのKeePassの1つの問題です。さまざまなオペレーティングシステムを実行しているデバイスで作業する、またはMac OS XおよびLinuxデバイスのKeePassよりもネイティブのルックアンドフィールを好むKeePassユーザーは、KeePassXCを試してみてください。 (経由 キャシー

では、あなた :使用しているパスワードマネージャーとその理由を教えてください。