ユーザーに指示するか、iTALCで教室を管理する

iTalc あなたがそれを立ち上げて実行しているとき、それらは輝かしいものの1つです。しかし、それは何ですか? iTALCは、教師が複数の方法で内部ネットワーク上の生徒のPCを表示または制御できる教訓的なツールです。 LinuxおよびWindowsをサポートし、混合環境で透過的に使用できます。

iTALCのインターフェースはすっきりしていて、セットアップがめちゃくちゃ難しくなく、美しく動作し、無料です(コストとソースの両方で)。 iTALCを使用すると、教室で何が起こっているかを概要モードで確認したり、PCをリモートコントロールしたり、デモを表示したり、ワークステーションをロックしたり、生徒にメッセージを送信したり、マシンの電源をオン/オフしたり、生徒をログイン/ログアウトしたりできます。このチュートリアルでは、2台のUbuntu 9.10マシンでiTALCを起動して実行する方法を紹介します。それから、教室全体が機能するようにステップを再作成できるはずです。

取り付け

ほとんどの依存関係は、Ubuntuマシンですでに満たされているはずです。そうでない場合、必要なものは次のとおりです。

  • libqt4-dev
  • xorg-dev
  • libxtst-dev
  • libjpeg62-dev / libjpeg-devel
  • zlib1g-dev / zlib-devl
  • libssl-dev / openssl-devel

また、セットアップ中にキーを転送するために実行中のsshクライアントとサーバーも必要です。

最初に行うインストールはマスターです。マスターは教師のマシンです。この起動Synapticについては、「italc」を検索します(引用符なし)。 インストールするitalc-masterを選択し、[適用]をクリックしてインストールします。ターミナルウィンドウを開いて次のコマンドを発行することもできます。

sudo apt-get install italc-master

今度は学生のマシンに行って同じことをします。今回のみitalc-clientをインストールします。これはSynapticを使用するか、コマンドラインから次のように実行できます。

sudo apt-get install italc-client

両方のソフトウェアがインストールされると、構成を開始する準備が整います。

構成

最初に行う必要があるのは、クライアントマシンでiTALCクライアントデーモンを構成することです( ica )起動時に実行します。ユーザーがデーモンを終了できないように、これを実行する必要があります。これを行うには、次のコマンドを発行します。

sudo gedit / etc / gdm / Init / Default / etc / gdm / PreSession / Default

これにより、geditで2つのファイルが開きます。両方のファイルの上部近くに追加する必要があります。

killall ica&

/ usr / bin / ica&

これが完了したら、ログアウトしてマシンに再度ログインします。次に、認証を設定します。

キー

もちろん、マスターがクライアントに到達するために、認証を追加する必要があります。これを行うには、マスターマシンに移動し、次のコマンドを発行します。

ica -role Teacher -createkeypair

上記のコマンドでキーペアが作成されます / etc / italc / keys 。今あなたがする必要があるのは、これらのキーを使用してクライアントマシンにコピーすることです scp そのようです:

scp -r / etc / italc / keys USERNAME @ IP_ADDRESS:/ tmp

ここで、USERNAMEはクライアントのユーザー名で、IP_ADDRESSはクライアントマシンのアドレスです。

このディレクトリがクライアントマシン上にある場合、クライアントマシンに移動し、次のコマンドを発行します。

sudo rm -rf / etc / italc / keys

sudo mv / tmp / keys / etc / italc /

これでiTALCを起動する準備ができました。

iTALCの使用

マスターマシンでは、確認する必要があります ヤク マスターコントロールを起動する前に実行されています。ターミナルウィンドウを開いて、次のコマンドを発行します。

ICA&

デーモンが実行されたので、次のコマンドを発行します。

イタルク

図1

マスターコントロールツールが開きます(図1を参照)。教室またはコンピューターは追加されません。

最初に行う必要があるのは、教室を追加してから、コンピュータを追加することです。これを行うには、左ペインを右クリックして、[教室の追加]を選択します。 Classroomに名前を付けます。同じ場所を右クリックし、[コンピューターの追加]を選択してコンピューターを追加します。この新しいウィンドウが開いたら(図2を参照)、IP /ホスト名、名前(学生名やワークステーション名/番号など)を追加し、このマシンの教室を選択して、[タイプ]ドロップで学生コンピューターとして設定します。 -ダウン。 [OK]をクリックして、この追加を完了します。

その新しいコンピューターは、そのマシンのデスクトップで現在起こっていることのサムネイルとしてメインペインに表示されます。そのサムネイルを右クリックすると、そのマシンで実行できるすべてのアクションのメニューが表示されます。この方法でワークステーションを引き継ぐのは非常に簡単です。

ワークステーションを引き継ぐ(または単に表示する)と、iTALCは全画面モードになります。ウィンドウモードに切り替える場合は、画面の上端でマウスを押したままアイコンバーを元に戻し、ウィンドウアイコンをクリックします。

最終的な考え

iTALCは、あらゆる種類の教師が使用できる非常に強力なツールです。教室でこのツールを利用すると、仕事がはるかに簡単になります。