Outlook 2010の添付ファイルのサイズを大きくする

ほとんどの電子メールプロバイダーは、添付ファイルの最大サイズを特定の数(通常は5〜25メガバイト)に制限しています。マイクロソフトのような企業も提供し始めています 回避策 メールサービス(Hotmail)とオフサイトストレージ(Skydrive)を組み合わせて、添付ファイルのサイズ制限を回避します。

Microsoft Outlook 2010のユーザーは、大きな添付ファイルを送信する場合、電子メールクライアントはそれほど柔軟ではないことに気付いたかもしれません。 20メガバイトの制限は、電子メールクライアントにハードコーディングされているようです。設定には、添付ファイルのサイズ制限を増減するオプションはありません。

20メガバイトの制限を超える添付ファイルを追加しようとするOutlook 2010ユーザーは、「添付ファイルのサイズが許容制限を超えている」という通知を受け取ります。電子メールプロバイダーがより大きな添付ファイルサイズをサポートしている場合、これは問題になる可能性があります。添付ファイルを分割することは明らかに可能ですが、添付ファイルを分割して結合する必要があるため、送信者と受信者の両方にとってより多くの作業が必要になります。

outlook 2010 attachment exceeds limit
Outlook 2010の添付ファイルが制限を超えています

ほとんどのOutlookユーザーは、電子メールプログラムで添付ファイルのサイズ制限を変更できることを知りません。このプロセスでは、Windowsレジストリを手動で編集する必要があります。続行する前に、システムの復元ポイントまたはその他の形式のバックアップを作成することをお勧めします( バックアップレジストリ ポインタ用)。

Windows-Rを押してregeditと入力し、最後にEnterキーを押して、Windowsレジストリエディターを開きます。

左側のレジストリ構造でキーに移動します

HKEY_CURRENT_USER Software Microsoft Office 14.0 Outlook Preferences

マウスを空白スペースの右側のウィンドウに移動し、そこで右クリックします。これによりコンテキストメニューが開き、リストから[新規]> [DWORD(32ビット)値]を選択します。

新しい値にMaximumAttachmentSizeという名前を付けます。作成後、新しいパラメーターをダブルクリックして、デフォルト値を別のパラメーターに変更します。新しい値はキロバイトで入力する必要があります。キロバイト値を計算する最も簡単な方法は、必要なメガバイトの添付ファイルサイズ(たとえば30)に1024を掛けることです。この場合、ウィンドウで10進数に変更し、パラメーターの新しい値として30720を入力して、添付ファイルのサイズは30メガバイトに制限されています。

値を0に設定すると、添付ファイルのサイズ制限が完全に削除されます。つまり、Outlookはサイズに関係なく電子メールを送信しようとします。これは、インターネットプロバイダーによって受け入れられることを意味するものではないことに注意してください。 (経由 NirmalTv