Windowsセーフモードでソフトウェアをアンインストールする方法

Windowsのセーフモードは、オペレーティングシステムを制限された状態で読み込みます。これは、PCの問題のトラブルシューティングと修正に役立ちます。 Windowsインストーラサービスを含む、Windowsオペレーティングシステムの標準サービスと機能の多くは、セーフモードでは使用できません。

サービスが実行されていない場合、セーフモードでソフトウェアをアンインストールすることはできません。ソフトウェアがPCの問題の原因であり、通常モードで実行しているときにシステムから削除できない場合は、非常に問題になります。

ただし、Windowsインストーラサービスをセーフモードで開始するオプションがあるため、ソフトウェアを後でアンインストールできます。

windows installer service
Windowsインストーラーサービスエラー

Windowsインストーラサービスをすぐに開始することはできません。最初にレジストリにパッチを適用する必要があります。セーフモードでプログラムをアンインストールしようとすると、問題の原因を示す次のエラーメッセージが表示されます。

Windowsインストーラサービスにアクセスできませんでした。これは、Windowsインストーラが正しくインストールされていない場合に発生する可能性があります。サポート担当者に問い合わせてください。

問題を修正する

次の方法でWindowsレジストリエディタを開きます。

  1. ショートカットWindows-Rを使用して、ランボックスを開きます。
  2. regeditと入力してEnterキーを押します。

Windows 7以前のWindowsシステムでは、開始オーブをクリックし、スタートメニューの実行ボックスにregeditと入力してからEnterキーを押して起動することもできます。

次のレジストリキーを見つけます

HKLM SYSTEM CurrentControlSet Control SafeBoot Minimal

[最小]を右クリックし、[新規]> [キー]を選択します。キーにMSIServerという名前を付け、ダブルクリックしてデフォルト値をServiceに変更します。

サイドノート :私は最近これをWindows 8でテストしましたが、ここでは値の名前をServiceに変更する必要がなくなりました。これは現在、Windowsの他のエディションやバージョンにも当てはまる可能性がありますが、私はテストしていません。

windows safe mode
Windowsセーフモード

これにより、Windowsインストーラサービスが最小限のセーフモードで利用できるようになります。ネットワークのセーフモードでも同じ手順を繰り返すことをお勧めします。開始レジストリキーを除いて、すべての手順は同じです。

HKLM SYSTEM CurrentControlSet Control SafeBoot Network

その後、Windowsインストーラサービスを開始する必要があります。これは、開始オーブをクリックして、services.mscと入力し、Enterキーを押すことで実行できます。

Windows 8では、Windowsキーをタップしてservices.mscと入力し、リストから適切な結果を選択します。

サービスの一覧でWindowsインストーラーを見つけて右クリックし、[開始]を選択します。または、コマンドラインから次のコマンドを実行します。

ネットスタートmsiserver

さらに、コマンドラインからすべてのコマンドを発行することもできます。最小限のセーフモードでWindowsインストーラーを有効にするには、次のコマンドを実行します。

REG ADD 'HKLM SYSTEM CurrentControlSet Control SafeBoot Minimal MSIServer' / VE / T REG_SZ / F / D 'Service'

セーフモードとネットワークの場合:

REG ADD 'HKLM SYSTEM CurrentControlSet Control SafeBoot Network MSIServer' / VE / T REG_SZ / F / D 'Service'

フリーウェア SafeMSI レジストリの編集とサービスの開始を自動化することを提案します。 Windowsインストーラを有効にするには、セーフモードでプログラムをダブルクリックするだけです。