機能パックのインストール後にWindows 8.1で複数のアプリを固定または移動する方法

機能パックの更新を数日間実行していて、Windows 8オペレーティングシステムに追加された機能が気に入っているのですが、それが原因でいくつかのワークフローが変更されたことに気付きました。

新機能のレビューで述べたように、新機能の1つは、スタートスクリーンインターフェイスのアプリアイコンを右クリックすると表示される右クリックメニューです。

これを行うと、コンテキストメニューが表示され、アプリのアンインストール、アプリの固定または固定解除、またはサイズの変更を行うオプションが表示されます。

表示されるオプションは、主に現在のページによって異なります。スタート画面自体にいる場合は、アプリをスタート画面から固定解除する、タスクバーに固定する、アンインストールする、サイズを変更する、またはライブタイルをオンまたはオフにするオプションがあります。

すべてのアプリのリストを右クリックすると、代わりに次のオプションが表示されます:開始から固定または固定解除、タスクバーに固定、アンインストール、または[スタート]画面に既に表示されている場合は[スタート]で検索。

select multiple apps windows 8.1

ここまでは順調ですね。以前に複数のアプリを右クリックして、すべてのアプリで一度にコマンドを実行することができます。たとえば、スタート画面でアプリを移動したり、一度にすべてをアンインストールまたは固定解除したりできます。

これは、機能パックがインストールされているWindows 8.1では機能しません。 2つのアプリを1つずつ右クリックすると、2つ目のアプリのみが選択されていることがわかります。

修正は簡単ですが、Windowsエクスプローラーまたはファイルエクスプローラーでファイルを選択することでわかる場合があります。

機能パックのインストール後にWindows 8.1で複数のアプリを選択するには、Ctrlキーを押しながら選択します。アプリを左クリックまたは右クリックすると、アプリがすべて選択されたままになります。

マウスの左ボタンでアプリを選択する方が簡単です。右で選択すると、毎回コンテキストメニューが表示されるためです。かなりの数のアプリケーションを選択する必要がある場合、これは非常に煩わしくなります。

処理するすべてのアプリを選択したら、ドラッグアンドドロップ操作でそれらを移動したり、右クリックしてコンテキストメニューを表示したりして、一度にすべてを処理するオプションをアンインストールしたり、固定したりできます。オペレーティングシステムのStartインターフェイス。

Ctrl選択オプションは、スタート画面とオペレーティングシステムのすべてのアプリページの両方で機能します。