複数のコンピュータシステムに同じソフトウェアをインストールする方法

複数のPCを使用するコンピューターユーザーは、多くの場合、すべてのマシンに同じソフトウェアを展開して、同じデータにアクセスし、同じ構成で作業します。ソフトウェアがデータの同期を提供している場合、それは比較的簡単です。たとえば、Firefox、Opera、Google Chromeなどの一部のWebブラウザーはそれを行います。一方、同期がサポートされていない場合は複雑になります。

幸運なユーザーは、他のコンピューターに転送して同じ構成を使用できる構成ファイルをプログラムディレクトリのどこかに見つけますが、Windowsレジストリを使用してカスタマイズを保存するプログラムについてはどうでしょうか。

そこで登場するのが、無料ソフトウェアAppDeploy Repackagerです。プログラムは、ソフトウェアプログラムのインストールおよび構成中に行われた変更のスナップショットを作成します。次に、このスナップショットを転送して別のコンピューターシステムにインストールし、同じプログラムと設定を使用できます。

AppDeploy Repackerには次の要件があります。

  • ソフトウェアを既にインストールすることはできません。 AppDeploy Repackagerは、インストール中にスナップショットを作成します。ソフトウェアがすでにインストールされている場合は、構成を保存して再度インストールし、展開ソフトウェアがインストールと構成の情報を取得できるようにすることができます。
  • すべてのコンピューターシステムで同じWindowsバージョンを使用する必要があります。多くのWindowsオペレーティングシステムが同様の構成、ファイル、およびレジストリ構造を共有しているため、これは必ずしも必要ではありません。
  • すべてのコンピューターシステムのフォルダーとユーザー名は同一である必要があります。

からRepackagerをダウンロードしてプロセスを開始します AppDeploy (ダウンロードには無料の登録が必要です)Webサイト。インストール後、WindowsスタートメニューのAppDeployフォルダからプログラムを起動できます。

基本情報を取得する

[システムの変更に基づいてMSIセットアップを作成する]を選択します。これにより、インターフェースの下半分にフォームが開きます。コンピュータのハードドライブからセットアップファイルを選択し、アプリケーション名、バージョン、会社名の情報を入力します。

appdeploy repackager

インストール前のスナップショット

次の画面には、システムのスナップショットに含まれるディレクトリとレジストリハイブのリストが表示されます。 c:ドライブのみがデフォルトで含まれています。プログラムを別のドライブにインストールする必要がない限り、これで十分です。

pre-installation snapshot

詳細ボタンを使用して、ディレクトリおよびレジストリハイブを追加または削除できます。

install software

場所はスナップショットに追加またはスナップショットから除外できます。ソフトウェアのインストールまたは構成中に使用しない場合は、ディレクトリとレジストリフォルダーを削除することをお勧めします。

その後、Appdeploy Repackagerはファイルシステムとシステムレジストリのスナップショットを取得します。選択したディレクトリとレジストリハイブによっては、これに時間がかかる場合があります。次に、最初のステップで選択したセットアップファイルを起動するように求められます。インストール中に発生するノイズを低減し始めるまでの間、バックグラウンドで実行されているプログラムを停止することをお勧めします。 AppDeployチームは、クリーンなマシンまたはネットワーク共有でプログラムを実行して、ノイズを最小限に抑えることをお勧めします。

注:スナップショットの実行に使用されているクリーンなテストシステムへの変更を最小限に抑えるために、AppDeploy Repackagerをネットワーク共有から実行することをお勧めします。クリーンなマシンから始めると、セットアップによって行われたすべての変更が確実に実行され、スナップショットプロセス中に変更が検出されるようになります。使用しているソフトウェアの依存関係をインストールする必要がある場合がありますが、「クリーンマシン」は、通常、指定されたテストワークステーションで、OS、サービスパック、およびターゲット環境を表す必要なパッチのみを備えています。

ソフトウェアのインストールを続行し、後でプログラムの構成を開始します。この時間枠で行われたすべての変更は、後でRepackagerによって取得されることに注意してください。アプリケーションのインストールと構成が完了したら、Repackagerソフトウェアの次のボタンをクリックします。

Repackagerは、コンピューターシステムの2番目のスナップショットを取得します。ユーザーが以前に構成した場所と同じ場所をスキャンします。これは、インストールおよび構成によって行われた変更を判別して、それらすべてが分散インストーラーに確実に含まれるようにするために行われます。その後に、最終的にRepackagerによって作成されるインストーラーに含まれるアイテムのリストが続きます。アイテムはすでに含まれているアイテムと除外されているアイテムに分類されています。

プログラムのインストールと構成に関連するものを含める必要がある一方で、無関係な項目は除外する必要があります。これにより、不要なデータが含まれたり、他のコンピューターシステムに移行したりすることがなくなり、インストーラーのサイズが比例して失われることがなくなります。また、データの移行によって発生するエラーや問題の可能性を減らします。

位置をマウスで選択して>>またはを押すと、除外リストまたは包含リストに移動できます。 << buttons in the middle of the screen. It is usually relatively safe to exclude caching directories and directories that obviously have no relation with the software installation (e.g. Windows Defender Scan history) installation files

[次へ]をクリックすると、レジストリアイテムに対して同じ包含ウィンドウと除外ウィンドウが表示されます。アイテムをよく見て、含まれているアイテムのリストをできる限り絞り込むことが重要です。

registry items

インストールされたソフトウェアのカスタムインストーラーの作成

カスタムインストーラーは、プロセスの最後のステップで作成されます。ショートカットを作成し、ターゲットパスとmsi名を変更することが可能です。

msi installer

次にクリックすると、MSIインストーラーが作成され、これを使用して、構成されたソフトウェアを別のコンピューターシステムにインストールできます。

AppDeploy Repackagerは、システム管理者や、複数のコンピューターに同じソフトウェアを定期的にインストールして構成する必要があるユーザーにとって素晴らしいツールです。