MySQLでデータベースをインポートおよびエクスポートする方法

最近、MySQLについて多くの記事を書いています。もちろん、その理由はたくさんあります。MySQLは、柔軟性と信頼性が高いだけでなく、人気の高いデータベースです。これまでのところ、MySQL Workbenchについて説明しました(私の記事を参照してください ' 完全なデータベース管理パッケージMySQL Workbench ')、MySQL Administrator(私の記事を参照してください' MySQL Administratorでデータベースを作成する ')、MySQLナビゲーター(私の記事を参照してください' 使いやすいGUIでMySQLデータベースを管理 ')、またはPhpMyAdmin(私の記事を参照してください' MySQLを簡単に管理するためにPhpMyAdminをインストールする ')。私のLAMP記事を通じて、 LAMPサーバーのインストール方法 '、あなたはMySQLをインストールする方法を学びました。今回は、データベースをエクスポートして別のMySQLサーバーにインポートする方法を説明します。そして最後に、リモートマシンからMySQLサーバーに接続する機能が私の記事に示されています ' MySQLサーバーへのリモート接続を許可する '。

なぜこれを行うのですか?非常に良い理由の1つは、MySQLサーバー上のハードウェアの更新または故障しているハードウェアの交換です。そのハードウェアが故障している場合は、データベースを故障しているドライブから解放し、空きドライブに置く必要があります。これを行う最も信頼性が高く、最も簡単な方法は、組み込みのMySQLコマンドラインツールを使用することです。これがまさにここで行うことです。

必要なツール

何よりもまず、2つのコマンドを使用します。どちらもすでにMySQLサーバーにインストールされています。 2つのコマンドは次のとおりです。

  • mysqldump:これは、データベースのエクスポートに使用するコマンドです。
  • mysql:これは、データベースのインポートに使用するコマンドです。

データベースをあるマシンから別のマシンに転送する手段も必要です。書き込み可能なCD / DVD(サイズによって異なります)またはUSBフラッシュドライブをお勧めします。 FTPを使用する場合、処理したくないデータ破損の問題が発生する可能性があります。さらに、これらのデータベースをリムーバブルデバイスに配置すると、問題が発生した場合のバックアップコピーが作成されます。

エクスポートデータベースを転送する手段に加えて、MySQL管理者パスワードも必要です。すべてを手に入れて、エクスポートに取り掛かりましょう。

輸出

mysqldumpコマンドを発行するために管理者パスワードは必要ありません。また、このコマンドを発行するためにsudoを使用する必要もありません。したがって、データベースをエクスポートするには、ターミナルウィンドウを開いて次のコマンドを発行します。

mysqldump -u USER -p DATABASE> FILENAME.sql

どこ ユーザー MySQL管理者ユーザーです。 データベース エクスポートするデータベースであり、 ファイル名 エクスポートするファイルに付ける名前です(混乱を避けるために、ファイル名にデータベース名を使用するのが最善です)。

このコマンドを発行すると、MySQL管理者パスワードの入力を求められます。そのパスワードを入力し、Enterキーを押します。コマンドを発行したディレクトリに、拡張子が.sqlのファイルが作成されます。このファイルは、CD、DVD、またはUSBフラッシュドライブにコピーする必要があります。

インポート

これで、リムーバブルメディアにファイルができたので、そのファイルを新しいマシンに転送し、メディアを挿入して、メディアをマウントし(必要な場合)、ファイルをユーザーのホームディレクトリにコピーします。ターミナルウィンドウを開いて、次のコマンドを発行します。

mysql -u ユーザー -p データベース < ファイル名 .sql

どこ ユーザー MySQL管理者のユーザー名です。 データベース インポートするデータベースの名前です。 FILENAME.sql 初期マシンからエクスポートされたダンプです。

MySQL管理者パスワードの入力を求められますが、ほとんどの場合、エラーではなくプロンプトに戻ります。

それでおしまい。データベースをあるマシンから別のマシンに公式にエクスポートおよびインポートしました。