Windows 10スタートメニューをカスタマイズする方法

Microsoftは、Windows 8のスタート画面インターフェイスに置き換えられた後、Windows 10のスタートメニューに陥り、それを戻しました。

Windows 10のスタートメニューは、Windows 7またはそれ以前のバージョンのWindowsで使用されているスタートメニューとは異なります。また、Windows 8のスタートスクリーンインターフェイスとも同じではありません。これは、両方の世界の要素を単一のインターフェースに組み合わせたハイブリッドです。

デバイスで初めてスタートメニューを開くと、すぐにMicrosoftがスタートメニューを2つのペインに分割したことに気づくでしょう。左側のペインには、人気のあるプログラムとシステムリンクが表示され、右側のペインにはタイルが表示されます。

スタートメニューはある程度カスタマイズできます。つまり、外観を変更するだけでなく、開いたときに表示される内容も変更されます。

アイテムの固定と固定解除

スタートメニューのスペースの大部分を占めるタイル領域をカスタマイズすることは、最初に行うことをお勧めします。

windows 10 start menu remove

右クリックして、コンテキストメニューから[最初から固定解除]を選択すると、タイルを削除できます。保持したいアイテムについては、ライブタイルをオフにすることを検討してください。ライブタイルは、新しい天気情報、最近の写真、ニュースなどの情報でアイコンを定期的に更新します。

そこに表示されている特定のプログラムやアプリが気に入った場合は、コンテキストメニューを使用してタスクバーにピン留めし、すばやくアクセスできます。

Windows 10スタートメニューの右側のペインにプログラムやアプリを固定することもできます。これは、すべてのアプリの下にあるエントリまたはインスタンスで最も使用されているエントリを右クリックすることで、またファイルエクスプローラーからも実行できます。

エクスプローラーで実行可能ファイルを右クリックし、コンテキストメニューから[スタートに固定]オプションを選択して、Windows 10のスタートメニューに追加します。

pin to start

実行可能でないファイルはスタートに固定できません。

Windows 10のスタートメニューの外観の変更

Microsoftは、スタートメニューにいくつかのカスタマイズオプションを追加して、外観を変更できるようにしました。たとえば、スタートメニューで個々のタイルのサイズを変更することができます。

使用可能なサイズは、タイルのタイプによって異なります。デスクトッププログラムの場合は、小または中だけに設定できます。中はすべてのデスクトッププログラムのデフォルト値です。

一方、最新のアプリは、中小に加えて、ワイドとラージをサポートしています。

現在、スタートメニューの右側にテキストのみのエントリを表示するオプションはありません。タイルはタッチデバイスのユーザーには役立つかもしれませんが、デスクトップユーザーはテキストスタイルも好むかもしれません。

change tile size

ライブタイルも切り替えることができます。最新のアプリではライブタイルがサポートされていないことに注意してください。

メインのスタートメニューインターフェイスには、2つの追加のカスタマイズオプションがあります。まず、マウス(または指)を右側または上部の境界に移動して、スタートメニューのサイズを変更します。カーソルがサイズ変更カーソルに変わります。これを使用して、スタートメニューの高さまたは幅を増減できます。

削減はスタートメニューに表示されるアイテムによって制限されることに注意してください。

2番目の機能では、グループのタイトルを変更できます。スタートメニューでタイルグループの上にタイトルを見つけ、その機能を使用してタイトルを追加または削除できます。

small start menu titles

設定で、追加の外観関連の設定を変更できます。そこに到達する1つの方法は、Windowsキーをタップし、「設定」と入力してEnterキーを押すことです。パーソナライゼーションに切り替え、[設定]ウィンドウが開いたら開始します。

そこで、次の変更を行うことができます。

  1. 左側のペインで、最もよく使用されるアプリケーションのリストを表示または非表示にします。
  2. 右側のペインで最近追加されたアプリを表示または非表示にします。
  3. フルスクリーン切り替え。
  4. 最近開いたアイテムをスタートまたはタスクバーのジャンプリストに表示します。

おそらく、それよりも興味深いのは、スタートメニューにリストされるシステムフォルダとリンクを選択するオプションです。 [スタートに表示するフォルダを選択]をクリックし、そこにあるトグルを使用して、フォルダを有効または表示します。

settings personalization

また、ベースカラーを選択したり、自動カラー機能を切り替えたりできるため、パーソナライゼーションでカラーをチェックすることもできます。

自動カラーは、背景画像に基づいてシステムカラーを選択します。有効にすると、タスクバーとスタートがその色を使用することがわかります。それが必要ない場合は、別の色を選択できます。最後に重要なことですが、スタートメニューの透過性を無効にすることもできます。

  1. 背景からアクセントカラーを自動的に選択する
  2. スタート、タスクバー、アクションセンターに色を表示する
  3. スタート、タスクバー、アクションセンターを透明にします。

start color

おわりに

Windows 10の新しいスタートインターフェイスが気に入らない場合は、サードパーティソフトウェアを使用して従来のスタートメニューインターフェイスを復活させることができます。などのソフトウェア クラシックシェル Windows 7のようなスタートメニューに戻すことができます。