システムの復元ポイントをバックアップする方法

システムの復元は、オペレーティングシステムを以前の状態に復元するオプションをユーザーに提供するようにMicrosoftによって設計されました。復元ポイントは、たとえば、ソフトウェアと新しい更新がインストールされたとき、デジタル署名されていないドライバーがインストールされたとき、またはユーザーの要求によって作成されます。

システムの復元では、Windowsレジストリ、ユーザープロファイル、Windowsファイル保護ファイルなど、オペレーティングシステムの主要な要素のみがバックアップされます。

システムの復元の制限の1つは、その機能で使用可能なハードドライブの容量に基づいて、古い復元ポイントが自動的に削除されることです。つまり、最近のシステム状態を復元することのみが可能です。

一部のユーザーは、後で復元できるようにするために、削除される前に初期のシステム復元ポイントをバックアップしたい場合があります。これは、復元フォルダをコピーして別の場所に保存することで実行できます。

これを実現するには、2つの障壁を通過する必要があります。 1つはシステムボリューム情報フォルダーの非表示状態、2つ目はアクセス権です。

保護されたオペレーティングシステムファイルを非表示にするオプションを無効にして、システムボリューム情報フォルダーがエクスプローラーに表示されるようにする必要があります。これはフォルダオプションで行われます。 Windows 7のユーザーはWindowsエクスプローラーを開き、[ツール]> [フォルダーオプション]をクリックして構成メニューを開きます。表示タブには、保護されたオペレーティングシステムファイルを非表示にするオプションがあります。

system restore points

システムボリューム情報フォルダーがWindowsエクスプローラーに表示されます。フォルダへのアクセス権があるため、すぐにはアクセスできません。権限は、フォルダーを右クリックしてプロパティを選択することで変更できます。これにより、構成ウィンドウが開きます。

そのフォルダの[セキュリティ]タブに切り替えます。

system volume information

続行ボタンをクリックします。新しいウィンドウが開き、アクセス権を持つすべてのユーザーまたはグループが一覧表示されます。そのウィンドウで追加ボタンをクリックします。

permissions system restore

フォルダにアクセスして作業できるようにするユーザーのユーザー名を入力します。 [名前の確認]ボタンをクリックしてユーザー名を見つけ、[OK]をクリックして変更を適用します。

user rights

WindowsエクスプローラーのSystem Volume Informationフォルダーにアクセスできるようになりました。システムの復元ポイントは、わかりにくい名前を使用しています。それらを特定する最良の方法は、それらが作成または変更された日付を確認することです。バックアップするものを選択します。システムの復元ポイントを別の場所にコピーすることをお勧めします。

これで、システムの復元フォルダーに加えられた変更とフォルダーの表示を元に戻すことができます。以前にバックアップしたシステムの復元ポイントを復元する場合は、そのフォルダーにコピーして、復元できるようにする必要があります。