アスキー水族館でLinuxアスキーを楽しもう

Linuxユーザーや開発者がユーモアのセンスを持っているとは言わないでください。最もハードコアなユーザー、開発者、デザイナー、管理者でさえ、注意散漫になる何かが必要です。確かに、私たちの注意を引くためのWebサイトは無限にありますが、そのためにはGUIが必要です。 GUIのない​​Apacheサーバー、ファイルサーバー、またはその他の種類のLinuxサーバーに多くの時間を費やしている場合はどうでしょうか。それで? NCursesができるのはテキストだけです。あなたのマシンにアスキー水族館をインストールするのに十分創造的であるならば。

この小さなASCIIアニメーションを使用すると、GUIのない​​サーバー上でもアニメーション化された疑似スクリーンセーバーを楽しむことができます。それはあなたの生産性を高めることはありません、それはあなたがより良いプログラマーやあなたのウェブサイトをより速く走らせることにはなりません。ただし、物理的なGUIのない​​ワークステーションにログオンしようとするユーザーから、難読化によるセキュリティが少しもたらされる可能性があります。この小さな水中のインストールと使用方法を見てみましょう。

取り付け

この小さな宝石は、ほぼすべてのLinuxディストリビューションにインストールできます。 Perlがインストールされている限り、これをすぐに起動して実行できるはずです。ここにあなたが従う必要があるステップがあります。 GUIなしのサーバーで試す前に、通常のGUI対応バージョンのLinuxでこれをテストすることをお勧めします。それでは、インストールしましょう。

インストールの最初の部分は、標準のPerlインストールに含まれていない残りの依存関係を処理します。このインストールでは、次の手順に従います。

    1. ターミナルウィンドウを開きます。 GUIのない​​サーバーを使用している場合は、ログインしてください。
    2. コマンドで/ tmpディレクトリに移動します cd / tmp
    3. 次のコマンドでターミナルアニメーションパッケージをダウンロードします。wget http://search.cpan.org/CPAN/authors/id/K/KB/KBAUCOM/Term-Animation-2.4.tar.gz
    4. 次のコマンドでターミナルアニメーションパッケージを解凍しますtar -zxvf Term-Animation-2.4.tar.gz
    5. コマンドで新しく作成したディレクトリに移動しますcd用語-アニメーション-2.4 /
    6. コマンドでメイクファイルをビルドします perl Makefile.PL && make && make test
    7. コマンドでターミナルアニメーションをコンパイルする sudo make install

次に、実際にasciiquariumアプリケーションをインストールします。次の手順を実行します。

  1. 端末ウィンドウを開きます(ここでも、GUIのない​​サーバーを使用している場合は、ログインしてください)。
  2. コマンドで/ tmpディレクトリに移動します cd / tmp
  3. コマンドで必要なパッケージをダウンロードしますwget http://www.robobunny.com/projects/asciiquarium/asciiquarium.tar.gz
  4. 次のコマンドでasciiquariumパッケージを解凍しますtar -zxvf asciiquarium.tar.gz
  5. コマンドで新しく作成したディレクトリに移動します CDアスキー水族館
  6. コマンドを使用して、実行可能ファイルを必要なディレクトリにコピーします sudo cp asciiquarium / usr / local / bin
  7. コマンドを使用して、実行可能ファイルに適切な権限を与えます sudo chmod 0755 / usr / loca / bin / asciiquarium
図1

アスキー水族館の水をテストする時が来ました。これを行うには、ターミナルウィンドウを開き(またはGUIのない​​マシンを使用している場合はログインして)、コマンド/ usr / local / bin / asciiquariumを発行します。実行すると、図1のようになります(ただし、アニメーション形式)。

さて、あなたはこれがどのようにセキュリティの一形態として機能することができるのかと自問しているかもしれませんか?シンプル。標準のデスクトップディストリビューションでも、仮想端末(Ctrl-Alt-F2など)にログインしてログインし、アプリケーションを実行できます。全画面がアスキー水族館でいっぱいになり、ユーザーがCtrl-cを押すか、元の仮想端末に戻ることを知らない限り、ユーザーは何をすべきかをほとんど理解できません。