Google Chrome 62 Stableがリリースされました

Googleは 可用性 Chromeリリースブログでサポートされているすべてのオペレーティングシステムについて、Google Chrome 62 Stableを本日発表。

Chromeの新しいバージョンでは、安定したチャネルでWebブラウザーのバージョンが62.0.3202.62になります。

Chrome 62には、セキュリティ修正とその他の改善が含まれています。 Googleは完全な変更ログを Googleソースウェブサイト ;注意してください、ログは非常に長く、あなたがそれを通過するのに数時間かかるかもしれません。

次のガイドは、自分でログを確認する必要がないように、Chrome 62 Stableの最も重要な変更を示しています。

chrome:// settings / helpをロードしてブラウザのバージョンを確認し、自動更新チェックを実行できます。ローカルシステムのバージョンが古い場合、Chromeは最新バージョンを自動的にダウンロードしてインストールします。

Google Chrome 62 Stable

google chrome 62

グーグルは今年初め、ブラウザでHTTPページを安全でないとマークすることを計画していると発表した。当時のGoogleの計画は、Chrome 62のシークレットモードではHTTPページを安全でないものとしてマークし、フォームにデータを入力するときは通常のブラウザでも安全でないものとしてマークすることでした。

これは明らかに、少なくともChrome 62へのアップデート後のWindowsではそうではありません。たとえば、シークレットモードでは、HTTPページが「安全でない」とマークされません。これが後で展開されるかどうかは不明です。

Chrome 62に取り入れられた変更について

カラープロファイルを強制する新しいabout:flags

chrome 62 color profile

このオプションは、カラープロファイルを適用するための実験的なフラグを提供します。デフォルトのカラープロファイルの使用から、sRGB、ディスプレイP3 D65、ガンマ2.4のカラースピン、またはscrRGBリニア(利用可能な場合はHDR)の適用に切り替えることができます。

結果として、以前は利用可能だった「色補正レンダリング」フラグが削除されました。

直接リンク :chrome:// flags /#force-color-profile

サウンドコンテンツを制御する新しいフラグ

chrome 62 mute site

Chrome 62.0には、Chromeのコンテンツ設定とタブのコンテキストメニューでサイト全体のミュートを有効にする新しいサウンドコンテンツ設定が付属しています。

直接リンク: chrome:// flags /#sound-content-setting

WebRTCフラグのSRTP用の新しい暗号化ヘッダー拡張

encrypted header extensions

このフラグまたは対応するChrome起動パラメータを設定して、WebRTCがSRTPの暗号化されたヘッダー拡張をネゴシエートしようとすることができます。

直接リンク: chrome:// flags /#enable-webrtc-srtp-encrypted-headers

新しいクリックして埋め込みPDFフラグを開く

chrome 62 embedded pdf

この新しいフラグは、ChromeのPDFプラグインが利用できない場合にプレースホルダーを表示します。その場合、埋め込まれたPDFドキュメントを開くオプションが含まれます。

直接リンク: chrome:// flags /#click-to-open-pdf

その他の変更

  • パスワードマネージャーの設定ページで長いパスワードを適切に表示する。
  • でchrome:// settingsページを開くのではなく、ウィンドウ設定ページを開きます。
    ユーザーが設定リンクをクリックしたときのブラウザ
  • Popunder Preventerを強化します。

Googleは以前に発表した 今週は、Chromeでの不要なソフトウェアオファーの処理と、それに伴うブラウザーに影響する変更が改善される予定です。 ESETと提携して、インストールされているソフトウェアのWindowsデバイスをスキャンし、不要と分類されたデバイスを削除するようユーザーに求めます。