Gmail POP3設定

最近、いくつかのメールを受信しましたが、Pop3を使用してGmailに接続できるようにメールクライアントを正しく設定する方法を説明するように求められました。

幸い、GmailのPOP3構成はそれほど難しくありません。ほとんどのユーザーが遭遇する主な問題は、プロトコルを使用してサービスに接続するようにクライアントを実際に構成する前に、Gmail WebインターフェイスでPOP3を有効にする必要があることです。

そうしないと、接続エラーが発生するだけです。

したがって、GmailでPOP3を有効にすることは2段階のプロセスです。 POP3プロトコルを使用してGmailに接続するようにサードパーティのメールクライアントを設定するには、まずGmailウェブサイトでPOP3を有効にする必要があります。

Gmail POP3を有効にする

を開く Gmailホームページ 、Gmailアカウントにログインし、画面の右上隅にある歯車アイコンをクリックしてから、コンテキストメニューの設定をクリックして、Gmailの設定を読み込みます。

次に、[転送とPOP / IMAP]リンクを選択します。リンクをクリックすると、スクリーンショットに表示されているようなページが開きます。

gmail pop configuration

ここには基本的に、POP3を有効にするための2つのオプションがあります。最初 すべてのメール(ダウンロード済みのメールを含む)に対してPOPを有効にする 2番目の間に既に取得されたものを含むすべてのメールメッセージに対してGmailでPOP3を有効にします。 今後配信されるメールのPOPを有効にする その時点からPOP3を有効にします。つまり、古いメールは取得されません。

[変更を保存]ボタンをクリックすると、変更が保存され、POP3接続が許可されます。

Gmail POP3データ

GmailでPOP3が有効になっているので、メールクライアントでアカウントを作成します。手順は使用しているメールクライアントによって異なり、一部のクライアントはGmailをサポートしているため、接続を作成するにはメールアドレスとパスワードを入力するだけで済みます。

以下は、電子メールクライアントに入力する必要がある値です。

  • 電子メールアドレス: 完全なGmailメールアドレスを入力してください
  • パスワード: メールパスワードを入力してください
  • 受信サーバー: pop.gmail.com
  • 受信サーバーポート: 995
  • SSLを使用: はい
  • 送信サーバー: smtp.gmail.com
  • 送信サーバー(SMTP)ポート: 587
  • 暗号化: TLS

あなたはチェックアウトすることができます 助けて さまざまな人気のあるメールクライアントの設定支援を含むGmailのページ。