Windows 7でのuTorrent書き込みエラーの修正

Windows XPからに切り替えた後、uTorrentでエラーメッセージが表示されました Windows 7 。すべてのuTorrentダウンロードが表示されていました エラー:アクセスが拒否されました 数秒後。一時的な解決策は、Windows XP SP3互換モードでuTorrentを実行することでした。数人のユーザーがスレッドでコメントし、Windows 7ではこのエラーメッセージは発生しなかったと述べています。

さらに観察したところ、Windows 7オペレーティングシステムのインストール後に新しいトレントが追加され、互換モードが無効になっていてもエラーがスローされず、期待どおりにダウンロードされなかった場合、古いトレントだけがそのエラーメッセージを示していました。したがって、この問題の解決策は、新しいWindows 7ユーザーアカウントのアクセス問題でした。より正確には、書き込みアクセスの問題。

ありがたいことに修正は非常に簡単でした。 uTorrentキャッシュフォルダー内の一時ファイルまたはフォルダーを右クリックし、[プロパティ]を選択すると、構成の可能性があるウィンドウが開きます。ウィンドウの上部にある[セキュリティ]タブでは、選択したデータへのアクセス許可を示すページが表示されていました。システム管理者、コンテンツ所有者(この場合はWindows XPユーザー)、現在ログインしているユーザーなど、さまざまなシステムユーザーのアクセス権が表示されました。

utorrent access error

これは、[編集]リンクをクリックして、コンピューターシステムの特定のユーザーのアクセス許可を編集することで簡単に変更できます。新しいウィンドウで現在のユーザーを選択し、そのユーザーの書き込みアクセス許可を権限のリストに追加するだけです。それが完了すると、トレントはエラーなしで問題なくダウンロードされます。

utorrent

同じ書き込みの問題が、以前のオペレーティングシステムで作成された他のファイルにも存在します。書き込みの問題が発生した場合は、ログインしているユーザーにそれらのファイルを書き込むための書き込み権限を追加するだけです(たとえば、新しいバージョンで上書きしたい場合)。