高速コピー

高速コピー しばらくの間使用されているWindows用のファイルコピー機です。最近更新され、Ghacksでレビューするのに理想的な時期になりました。

Fast Copyは、効率的なスピーディな方法でファイルをコピーするために使用できるポータブルアプリケーションまたはインストーラーとして提供されます。次のようなプログラムと同じカテゴリに分類されます TeraCopy または タレントコピーV 同様のコピー機能を提供します。

アプリケーション間の主な違いは、Fast Copyは元のWindowsのコピー、削除、移動操作をハイジャックしないが、ユーザーが転送を処理するアプリケーションを選択した場合にのみ機能するということです。

これは、Fast Copyをロードしてソースフォルダーと宛先フォルダーを手動で追加するか、右クリックコンテキストメニューにFast Copyエントリーを追加することで実行できます。後者のオプションは、プログラムのオプションで提供されます。

高速コピー

fast copy

使用は自動ではないので、高速コピーの使用は、ユーザーがあるハードドライブのコンテンツを別のハードドライブに移動する場合など、ユーザーが一度に多くのファイルとフォルダーをコピーする必要がある状況でのみ意味があります。

ソースと宛先の場所をプログラムに手動で追加する必要があるため、ファイル転送の開始には約5〜10秒かかります。

コンテキストメニューのエントリでは、ソースの場所のみがプログラムに追加されますが、宛先は依然として手動で選択する必要があります。

Fast Copyは、コピー元とコピー先の場所が異なるハードドライブにある場合は並列処理を使用し、同じ場所にある場合は巨大なバッファーを使用します。いくつかのハッシュアルゴリズムを使用して、コピージョブの検証も有効にすることができます。これにより、ファイルがエラーなく宛先に正しくコピーされます。

宛先にファイルが存在する場合にバッファサイズや実行するアクションなど、変更可能な多くのオプションが付属しています。

fast copy options

いくつか言及すると:

  • ワイプと削除モードを有効にして、削除されたファイルを復元できないようにします。
  • ドライブグループを設定します。
  • 最大並列プロセス数を変更します。
  • コピーの検証には別のハッシュモードを選択してください。
  • バッファサイズをメガバイト単位で設定します。
  • ACL(アクセス制御リスト)のコピーを有効にします。
  • 代替ストリームのコピーを有効にします。

メインインターフェースでこれらの機能の多くにアクセスする一方で、オプションを使用すると、これらの設定に永続的な変更を加えることができます。常に代替ストリームをコピーしたい場合は、そのようにプログラムを構成できます。

コマンドラインオプションにより、ファイル操作を使用するバッチファイルで使用できる場合があります。 TeraCopyには、ファイルをスキップしたりプロセスを一時停止したりするオプションを提供するキューのような機能がいくつかありません。

プログラムに付属しているヘルプファイルは優れています。プログラムに同梱されているすべての機能とオプションが説明されており、疑問符アイコンをクリックするといつでも開くことができます。

おわりに

現在のバージョンのFast Copyは、コマンドラインパラメータがあり、大量のファイルをコピーするため、バッチファイルで使用できます。 Windowsの実際の転送の代替としては機能せず、そのフィールドをTeracopyに任せる必要があります。