LinuxをWindowsドメインに簡単に接続

LinuxをWindowsドメインに参加させる作業は、困難な場合があります。私はそれをここで前にカバーしました(私の記事を参照してください ' UbuntuマシンをWindowsドメインに参加させる ')、しかし多くのユーザーは、Like Like Openに参加できない、または確実に参加したままにすることができないという問題を抱えています。もちろん、Like Like Openに正常に接続できる場合は、それを続ける必要があります。しかし、ドメインに参加する簡単な方法を探しているなら、私は素晴らしい解決策を見つけました。 セントリファイエクスプレス

Centrify Expressは、会社が提供する無料のツールであり、さまざまなシングルサインオンツールを作成できます。Linuxオペレーティングシステムでは、Expressのみを無料で簡単に利用できます。このツールを使用してWindowsドメインに参加すると、簡単に実行できることに驚かされます。

取り付け

このインストールプロセスをUbuntu 10.10マシンで説明します。別のディストリビューション(またはWindows、Mac)にインストールする必要がある場合は、ダウンロードにサインアップする必要があります。これを行うと、事前にコンパイルされたバイナリが見つかります。

  • ウィンドウズ
  • マック
  • CentOS
  • Debian
  • マンドリバ
  • SUSE
  • OpenSolaris
  • Oracle Enterprise Linux
  • Red Hat Enterprise Linux
  • 科学Linux

しかし、Ubuntuを使用している場合は、次の簡単な手順に従うことができます。

  1. Ubuntu Software Centerを開きます。
  2. 「centrify」を検索します(引用符なし)。
  3. インストールをクリックします。
  4. sudoパスワードを入力して、Enterキーを押します。
  5. インストールが完了したら、Ubuntu Software Centerを終了できます。

ここで、ほんの少しの構成を実行します。

構成

注意する必要がある唯一の構成は / etc / nsswitch ファイル。そのファイルには、次のような行があります。
ホスト:ファイルmdns4_minimal [NOTFOUND = return] dns mdns4

そのファイルを読み取り専用に変更します。

ホスト:ファイルDNS

これで、ドメインに参加する前に注意する必要がある構成がもう1つあります。ファイル内 /etc/centrifydc/group.ignore このリストにグループ「admin」(引用符なし)を追加する必要があります。これを行わないと、sudoユーザーにsudo権限が付与されなくなります。 sudo権限がないと、ユーザーはアプリケーションをインストールしたり、管理者権限が必要なものを実行したりできません。

そのファイルを設定したら、それを保存します。これで、メインに参加する準備ができました。

ドメインに参加する

これを成功させるには、ドメイン管理者のパスワードが必要です。ドメインに参加するには、次の手順を実行します。

ターミナルウィンドウを開きます。

コマンドを発行します sudo adjoin -w DOMAIN (DOMAINは参加するドメインです)。

ドメイン管理者のパスワードを入力し、Enterキーを押します。

しばらく時間がかかる場合がありますが、最終的にはドメインに参加します。これで、Windowsマシンを使用しているかのように、Nautilusを開いて、ホスト名でネットワークを探索できるようになります。

ホスト名でネットワークを確認できない場合は、再起動してからAD資格情報でログインする必要がある場合があります。

最終的な考え

これで、Windowsドメインに参加する方法が2つあります。 Linux向けの企業の牧草地は、日ごとにどんどん緑化しています。