このタイプのファイルを無効にすると、Google Chromeでコンピューターに損害を与える可能性があります

Google Chromeで実行可能ファイルをダウンロードしようとすると、ブラウザの下部に次の確認プロンプトが表示されます。「このタイプのファイルはコンピュータに損害を与える可能性があります。ダウンロードしてもよろしいですか?」保存または破棄のプロンプトが表示され、ファイルをローカルハードドライブに保存するか、ダウンロードを破棄するかを選択できます。それでも、オプションを選択するには、プロンプトまでマウスを下に移動する必要があることを意味します。

確認できませんでしたが、Linuxユーザーでさえメッセージが表示されるというユーザーのコメントを読みました。

this type of file can harm your computer

メッセージを取り除く方法はありますか?はいといいえ。確認プロンプトを完全に無効にし、自動ダウンロード機能を保持するスイッチはありません。 「このタイプのファイルはコンピューターに害を及ぼす可能性があります」メッセージを無効にするために使用できるChromeオプションまたは起動パラメーターはありません。

ユーザーが使用できる唯一のオプションは、ダウンロードする前に各ファイルの保存場所を尋ねるオプションを有効にすることです。ダウンロードのたびにダウンロードウィンドウが表示されるため、理想的なソリューションではありません。

ウィンドウはユーザーに利点を提供します。マウスを[保存]または[破棄]プロンプトに移動する代わりに、キーボードのEnterキーを押してダウンロードを完了することができます。ただし、画面に正しいディレクトリが表示されます。

そこにあります。 「コンピュータに危害を加える」メッセージを表示するオプションを選択するか、ダウンロード前に確認するオプションに切り替えて、ダウンロードウィンドウに置き換えることができます。

私は3番目の選択肢であるダウンロードマネージャーをテストしていません。これらのプログラムは、理論的にはダウンロードをインターセプトして、ファイルが自動的にダウンロードされ、安全性のポップアップが表示されないようにする必要があります。

更新 :Googleは、ユーザーが最近のバージョンのChromeで使用しているメッセージとオプションを変更しました。代わりに次のようなメッセージが表示されます。

is not commonly downloaded and could be dangerous

読む :ファイル名は一般的にダウンロードされず、危険な場合があります。

破棄ボタンのみが表示され、それをクリックすると、ダウンロードしたファイルがコンピューターから削除され、使用できなくなります。最初にファイルをダウンロードしたかったので、おそらくダウンロードを維持することにもっと興味があります。そのためには、破棄ボタンの右側にある小さな矢印アイコンをクリックして、Keepオプションを表示する必要があります。 [保存]を選択すると、ダウンロードが保存されます。

ただし、Google Chromeブラウザで警告メッセージを無効にするオプションはまだありません。