AppleMobileDeviceService.Exe、iTunesHelper.exe、iPodService.exeを無効にする

音楽マネージャーiTunesをインストールするMicrosoft Windowsオペレーティングシステムのユーザーは、そのプログラムに接続されている多数のバックグラウンドプロセスに気づくでしょう。すべてのユーザーに表示されるプロセスは、AppleMobileDeviceService.Exe、iTunesHelper.exe、iPodService.exeで、システムが起動してからiTunesが開かれていない場合でもバックグラウンドで実行されます。

プロセスの少なくとも2つは、AppleのiPodまたはiPhoneなどのモバイルデバイスに接続されているようです。これらのデバイスのいずれもコンピューターユーザーが所有していない場合、システムリソースの浪費のようです。より明確に言うと、これらのプロセスが必要ないのに、なぜ誰かがそれらを実行する必要があるのでしょうか。次の段落では、AppleMobileDeviceService.Exe、iTunesHelper.exe、iPodService.exeの3つのプロセスを効果的に無効にする方法を示します。

AppleMobileDeviceService.Exeを無効にする

AppleMobileDeviceService.Exeは、「Appleモバイルデバイスへのインターフェースを提供する」Windowsサービスです。したがって、ユーザーが所有するAppleモバイルデバイスがない場合は、このサービスを実行しても意味がありません。サービスを無効にする最も簡単な方法は、[Windows R]を押し、実行ボックス[services.msc]に入力して、コンピューターのキーボードの[Enter]キーを押すことです。

これにより、すべてのWindowsサービスを表示する「サービス」ウィンドウが開きます。 Apple Mobile Deviceサービスを見つけて右クリックし、メニューから[プロパティ]を選択します。最初に[停止]ボタンをクリックして、このセッションでAppleMobileDeviceService.Exeサービスが実行されないようにします。

次に、[スタートアップの種類]メニューをクリックし、種類を[自動]から[無効]に変更します。 [適用]ボタンをクリックすると、AppleMobileDeviceService.Exeを無効にするプロセスが完了します。

applemobiledeviceservice

更新:これは新しいバージョンのiTunesでは動作しないことに注意してください。あなたが今する必要があるのはプログラムをアンインストールすることです。これを行うには、[スタート]> [コントロールパネル]をクリックし、[プログラムのアンインストール]を選択して、Apple Mobile Device Supportのエントリを探します。選択してアンインストールして削除し、distnoted.exeを起動します。

iTunesHelper.exeを無効にする

ituneshelper.exeプロセスも常にバックグラウンドで実行されています。ただし、このプロセスは自動実行ロケーションの1つから開始されます。それを取り除くのはとても簡単です。 [Windows R]を押し、[msconfig.exe]と入力して、コンピューターのキーボードの[Enter]キーを押します。

ウィンドウ上部の「スタートアップ」タブに切り替えて、iTunesHelperエントリを探します。そのエントリのチェックを外すと、Windowsの起動時の自動起動が無効になります。 「適用」をクリックするとプロセスが完了します。この時点でWindowsを再起動する必要はありません。

ituneshelper

iPodService.exeを無効にする

これはトリッキーです。 IpodService.exeはWindowsサービスです。問題は、サービスが無効に設定されている場合でも、iTunesによって起動されることです。一方、iTunesを閉じても、iPodService.exeはバックグラウンドで実行されていません。これもこのプロセスを取り除くために必要なことです。

[Windows R]を押して[services.msc]と入力し、[Enter]キーを押して、Windowsサービスを再度開きます。サービスiPodServiceを見つけます。 「iPodハードウェア管理サービス」と表記。サービスを右クリックし、実行中の場合は[停止]ボタンをクリックし、スタートアップの種類のメニューでサービスを無効に設定します。

ipodservice

iPodservice.exeが無効になっている場合でも、iTunesによって起動されるため、2番目の手順が必要です。コンピュータのハードドライブでiPod iPodservice.exeファイルを探します。デフォルトでインストールされます Program Files iPod bin

/ bin /ディレクトリからiPodservice.exeを削除し、新しいテキストドキュメントを作成します。テキストドキュメントに同じ名前(iPodservice.exe)を付けます。これで、/ bin /フォルダーに0キロバイトのiPodservice.exeファイルが作成されます。手順が機能したかどうかをテストするには、iTunesを起動します。すべてがうまくいった場合、iPodservice.exeは起動されておらず、Windowsタスクマネージャでプロセスとして表示されないはずです。

評決: iTunesを使用したいがiPodまたは他のAppleデバイスを所有していないWindowsユーザーは、コンピュータシステムから不要なプロセスを無効にできるようになりました。常にバックグラウンドで実行するのは意味がありません。