デフォルトのVistaオーディオチェンジャー

Windows Vistaは、システムでヘッドフォンやスピーカーなど、いくつかの異なるオーディオ出力を使用しているユーザーにとって、事態を非常に複雑にしました。

問題は、Windows Vistaがサポートできるデフォルトのオーディオ出力は1つだけであり、オペレーティングシステムのデフォルトのオーディオ出力を変更するユーザーは、その目的に実用的とはほど遠いメニューで変更する必要があることです。

Vistaのオーディオ出力を変更するには、スピーカーアイコンを右クリックして、オプションから[再生デバイス]を選択する必要があります。そこで、すぐに使用したい再生デバイスを右クリックして、Windows Vistaのデフォルトのオーディオデバイスとして設定する必要があります。

また、新しい出力でサウンドを聞きたい場合は、古いオーディオ出力を使用していたプログラムをすべて閉じてから再度開く必要があります。

そして、この操作は、オーディオデバイスを再度変更する必要があるときはいつでも繰り返す必要があります。これは明らかにあまり実用的ではなく、なぜMicrosoftがオーディオ出力をこのようにオペレーティングシステムに実装することにしたのか疑問に思う必要があります。

Vistaオーディオチェンジャー 歩数 で、デフォルトのVistaオーディオ出力を2回のクリックで簡単に変更できます。開くと、すべてのオーディオデバイスのリストが表示されます。これは、プログラムインターフェイスから簡単に選択できます。

vista audio

デスクトップにショートカットを配置したり、デフォルトのVistaオーディオデバイスをより速く選択するためのホットキーを提供したりするなど、さらに便利になるいくつかの機能がまだありません。

たとえば、「新しい」オーディオ出力デバイスをすぐに検出して自動的に切り替えるなど、それほど快適ではありませんが、Windows Vistaを実行しているPCで複数のオーディオ出力デバイスを使用するユーザーにとって、快適さを増しています。