ConnectifyとWindows 7でワイヤレスホットスポットを作成する

connectifyMicrosoftが新しいオペレーティングシステムWindows 7で導入した機能の1つである仮想WiFiは、これまであまり注目されていませんでした。仮想WiFiを使用すると、Windows 7を実行しているコンピューターシステムのワイヤレスネットワークアダプターを、追加のシステムのワイヤレスホットスポットとして使用できます。これは、一部のWindows 7ユーザーにとって間違いなく興味深い機能です。 Long Zhengは、仮想Wifiテクノロジーとその可能な使用法について、 ブログ 今年初めに投稿:

なぜ誰もが同じPCに複数のWLANアダプターを必要とするのか疑問に思うかもしれませんが、正直なところ、必要ではありませんが、必要な場合もあります。既存のワイヤレスアクセスポイントに接続していて、別のアクセスポイントであっても、アドホック接続であっても、別のネットワークに接続したい場合は、仮想WiFiを使用すればそれが可能になります。しかし、おそらくより魅力的なシナリオは、メッシュネットワークのアイデアです。メッシュネットワークでは、すべてのクライアントがリピーターになり、接続するクライアントが増えるにつれてネットワークが有機的に成長します。すべてのクライアントもアクセスポイントになることができるため、仮想WiFiはこれを可能にします。

Connectifyは、Windows 7の仮想Wifi機能を利用する最初のベータソフトウェアプログラムです。Windows7ユーザーは、Connectifyソフトウェアを使用して、安全なWPA2暗号化ホットスポットを介してコンピューターシステムのインターネット接続を共有できます。ワイヤレス機能を備えた他のコンピューターデバイスは、ホットスポットに接続してその接続を利用できます。

wireless hotspots

このプログラムは現在、Connectifyホームページに登録するとベータ版として提供されます。サービスの構成には、次の手順が必要です。

開始するには、通知トレイのConnectifyロゴをクリックします。

1.共有するインターネット接続を選択します
2.新しいワイヤレスネットワークの名前を選択します
3.ワイヤレスパスフレーズを選択します
4.インターネット共有ボタンを押して、ワイヤレスネットワークをオンにします
5.これで、他のデバイスから、ワイヤレスネットワークを確認できます。それに参加することを選択し、接続するワイヤレスパスフレーズを入力します。

公開リリースバージョンは、最終的にはフリーソフトウェアの代替品がリリースされる可能性が高いので、商用化されることが予想されます。この時点で、ConnectifyはWindows 7とのみ互換性があります。ソフトウェアはからダウンロードできます Connectify ホームページ。