ウェブサイトからuTorrentを制御する

ソフトウェアが実行されている自宅のPCにいないときは、uTorrentのダウンロードとアップロードを管理するのが良いといつも思っていました。トレントを追加したり、完了したダウンロードを停止または一時停止したり、必要に応じてクライアントを閉じたりするためのクライアントへのリモートアクセス。

多くのユーザーが知らないことは、これが実際に可能であり、プログラムに統合されていることです。 更新 :プロセスは最近のバージョンで改善されました。機能がメインクライアントに統合されたので、個別のファイルをダウンロードする必要はありません。有効にするには、次の手順を実行するだけです。

  1. メニューから[オプション]> [設定]を選択するか、Ctrl-Pを押します。
  2. サイドバーの[リモート]メニューに切り替えます。
  3. ここで[uTorrentリモートアクセスを有効にする]チェックボックスをオンにします。
  4. コンピュータ名とパスワードを入力します。それらが一意であり、パスワードが安全であることを確認してください。
  5. ロード リモートWebインターフェイス そこからクライアントを管理するためのインターネット接続を備えたコンピュータから。
  6. uTorrentを実行しているコンピュータは、インターネットに接続する必要があります。

utorrent remote

必要なのは、いわゆるWebUiを有効にして、ローカルコンピューターに配置される小さな追加のrarファイルをダウンロードすることだけです。最新の公式バージョンをダウンロードすることをお勧めします uTorrent フォーラムに投稿されているベータ版を使用することもできます。

Utorrentは、Windowsで接続しているユーザーのプロファイルに「uttorent」ディレクトリを作成します。これを見つける最も簡単な方法は、Windows + Rキーを押して開き、 '%AppData% uTorrent'( ''なし)をボックスに貼り付けることです。次に、常にこのフォーラムスレッドに投稿される最新のWebUiファイルをダウンロードします。新しいリリースごとに変更されるため、ファイルに直接リンクする必要はありません。

utorrent web interface

文字列を貼り付けたときに表示されたuTorrentフォルダーにそのファイルをコピーします。その後uTorrentを開き、[オプション]> [設定]をクリックします。 [詳細]を選択し、サブメニューから[WebUi]を選択します。 Webインターフェイスを有効にし、アクセスを許可するユーザー名とパスワードを選択する必要があります。物事を簡単にするために、代替のリスニングポートも選択します。 OKを押したら、すべてが機能するかどうかを試す時です。

お気に入りのWebブラウザーを開き(Internet Explorer 6は機能しません)、次のURLを入力します:http://127.0.0.1:8080/gui/

すべてがうまくいくと、メインのWebインターフェースが表示されます。 127.0.0.1はローカルコンピュータからのみ使用できることに注意してください。リモートコンピューターからローカルコンピューターに接続するには、実際のIPを知っている必要があります。私の小さなIPチェックスクリプトを使用して、IPを見つけて書き留めることができます。ここで、127.0.0.1を表示されたIPに置き換えても、インターフェースにアクセスできるはずです。

トレントを追加することは絶対に簡単です。トレントを作業中のコンピューターにダウンロードし、インターフェイスの[トレントの追加]ボタンをクリックします。トレントを参照し、[ファイルの追加]をクリックします。トレントは、ダウンロードされたトレントのリストにすぐに表示されます。