LinuxからSambaサーバーに接続する

Sambaに関する記事をGhacksでいくつか書きました。そして、ほとんどの人はWindows経由でSamba共有に接続する方法を知っています。一般的に言って(すべてが正しく設定されている場合)、Samba共有にアクセスするには、エクスプローラーを開いて\ ADDRESS_OF_SAMBA_SERVER SHARENAMEを入力するだけです。しかし、Linuxではどうでしょうか? Sambaサーバーを実行しているのと同じオペレーティングシステムでSamba共有に接続するにはどうすればよいですか?

それは簡単なことだと思うでしょう。実際には、それがどのように行われるかを知っていればです。この記事では、Sambaサーバーに接続する2つの異なる方法を紹介します。 Sambaサーバーの設定方法と、Sambaサーバーで構成されているユーザー名/パスワードについての実用的な知識が必要です。特定の接続方法の1つとして、デスクトップで実行する手順もいくつかあります。

説明する2つの方法は次のとおりです。GNOMEの[サーバーに接続]ダイアログとコマンドラインを使用します。後者は、Sambaの自動マウントをセットアップする方法を示すために使用されます。

グラフィカルな方法

Figure 1
図1

GNOMEの「場所」メニューを見ると、「サーバーに接続...」というラベルの付いたエントリが表示されます。これは、Sambaサーバーに接続するために使用するものです。クリックすると新しいウィンドウが開きます。 [サービスの種類]ドロップダウンから[Windows共有]を選択します(図1を参照)。

そのエントリを選択すると、一部の構成オプションが変更されます。ご覧のとおり(図1)、内部ネットワーク上のSambaサーバーに接続するために必要なオプションを入力しました。ニーズを反映するように情報を置き換える必要があります。トリッキーな情報はフォルダエントリだけかもしれません。共有のルートディレクトリに接続している場合は、そこに何も入力する必要はありません。たとえば、あなたが共有するとします / media / samba / user そのディレクトリに接続する場合は、[フォルダ]エントリを空白のままにします。ただし、その共有内のサブフォルダに直接接続したいとします。ここにそのフォルダを入力できます。もちろん、シンプルなナビゲーションでサブディレクトリをいつでもトラバースできるため、これは必要ありません。 このウィンドウから、ブックマークをすぐに追加することもできます。

Figure 2
図2

すべての情報を入力したら、[接続]をクリックすると、パスワードの入力を要求する新しいウィンドウが表示されます。また、前のウィンドウでドメイン名を指定しない場合は、ここに入力する必要があります。

また、ログアウトするまで、または永久にパスワードを記憶するように設定することもできます。パスワード/ドメインを入力したら、[接続]ボタンをクリックすると、Samba共有内に新しいNautilusウィンドウが開きます。

コマンドラインを使用する

次に、コマンドラインを使用して同様の目標を達成します。最大の違いは、Samba共有を別のディレクトリに実際にマウントすることです。これは、2番目のハードドライブをマウントする場合とほぼ同じです。

実際にマウントを処理する前に、いくつかのピースを組み合わせる必要があります。まず、Samba共有がマウントされるディレクトリを作成しましょう。そのため、ターミナルウィンドウから次のコマンドを発行します。

sudo mkdir / media / samba

次のコマンドを使用して、ユーザーがこのディレクトリに読み書きできることを確認します。

sudo chmod -R u + rw / media / samba

では、コマンドラインからSamba共有を確認できるようにしましょう。私たちはそれでやります smbclient そのようなコマンド:

smbclient -L // SAMBA_SERVER_ADDRESS

どこ SAMBA_SERVER_ADDRESS Sambaサーバーの実際のIPアドレスです。

Figure 3
図3

ユーザー名とパスワードの入力を求められます。エラーが発生した場合、ユーザー名が両端で一致していない可能性があります。その場合は、 -U 次のようなコマンドに切り替えます。

smbclient --user = jlwallen -L // SAMBA_SERVER_ADDRESS

図3のような出力が表示されます。

次は、Samba共有を /メディア/サンバ ディレクトリ。これを行うには、次のコマンドを発行します。

sudo mount -t cifs // SAMBA_SERVER_ADDRESS / SHARE -o username = USERNAME / media / samba /

どこ:

  • SAMBA_SERVER_ADDRESSは、SambaサーバーのIPアドレスです。
  • SHAREは共有名です。
  • USERNAMEは接続するユーザー名です。

それが機能する場合は、次の行を追加して、これを自動マウントにすることができます。 / etc / fstab ファイル:

// SAMBA_SERVER_ADDRESS / SHARE / media / samba cifs credentials = / etc / samba / user.cred 0 0

ここで、SAMBA_SERVER_ADDRESSはSambaサーバーのIPアドレスで、SHAREは共有名です。

user.credファイルに注意してください。これは、作成する必要がある最後の1つです。テキストエディタを使用してこのファイルを作成し、そこに配置します。

ユーザー名=ユーザー

password = PASSWORD

ここで、USERはログインに使用するユーザー名、PASSWORDは認証に使用するパスワードです。最後のステップは、次のコマンドを使用して、この新しいファイルに適切な権限を与えることです。

sudo chmod 600 /etc/samba/user.cred

コマンドを発行することで、これが機能することを確認できます マウント-a Samba共有をマウントする必要があります。

最終的な考え

これで、自動マウントSamba共有、またはGNOMEデスクトップをSamba共有に簡単に接続する機能ができました。 Sambaは、WindowsマシンだけでなくLinuxマシンでもファイルを共有できる非常に強力なツールです。