UbuntuでGrubおよびGrub2スプラッシュ画面を変更する

あなたの最初の質問は「なぜあなたのGRUBスプラッシュスクリーンを変更するのか?」答え?何故なの!まあ、実際には、Grubのスプラッシュスクリーンを変更したい理由はたくさんあります。上から下までブランドを求めている会社にいるか、ブートからデスクトップまでコンピュータをクールにしたいだけかもしれません。

気の利いたスプラッシュスクリーンをGrubに追加する理由が何であれ、それは可能です。これには「便利な」GUIアプリケーションがないため、いくつかのコマンドを発行する必要があります 注:これは、自分が何をしているのかを知っている場合にのみ行うべきものです。 Grubとお使いのマシンの1つの間違いが起動できなくなる可能性があります。 あなたは警告されました。注:GrubとGrub2の両方でこれを行う方法を示します

スプラッシュスクリーンとは何ですか?

Grubスプラッシュ画面は、OSの起動時にテキストの背後に表示される画像です。スプラッシュ画面が従わなければならない特定の仕様があります。これらの仕様は次のとおりです。

  • 640x480ピクセルである必要があります
  • 16色以下(12色が最適)
  • gzip圧縮されたxpm形式(.xpm.gz)である必要があります。

幸い、GIMPは上記のすべてを処理できます。したがって、最初のタスクは、上記のガイドラインに従ってスプラッシュスクリーンを作成することです。独自のスプラッシュ画像を作成するためのいくつかのヒント:

  • グレースケールまたは原色のモノクロ画像が最適です。
  • 歪みは現実ベースの画像ほど影響を与えないため、抽象的な画像はうまく機能します。
  • 画像のディテールが多すぎると失われます。
  • スプラッシュスクリーンのデザインが強力であることを確認してください。そうしないと、退屈に見えます。

画像を作成したら、画像を保存する必要があります / boot / grub 、それを .xpm.gz フォーマット。

グラブ

イメージを作成したら、次のステップはGrubを構成することです。ファイルを開く /boot/grub/menu.lst 次の行を追加します。

splashimage(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz

どこ スプラッシュ は、使用する画像の名前です。 hd0,0 ブートパーティションです。

そのファイルを保存すると、次にマシンを起動したときに、新しいスプラッシュイメージが表示されます。

グラブ2

Grub2の場合、画像は次の規則に従う必要があります。

  • サイズは640×480にする必要があります
  • 形式は.tgaでなければなりません(GIMPはこれを行うことができます)
  • 上記と同じ設計のヒントに従います。
  • / usr / share / images / grub /に保存されました

画像を作成して適切な場所に保存したら、ファイルを開きます /etc/grub.d/05_debian_theme そして、行を探します:

WALLPAPER = '/ usr / share / images / desktop-base / moreblue-orbit-grub.png'

上記の行の画像の明示的なパスを新しい画像のパスに変更する必要があります。それが終わったら、ファイルを保存し、次のコマンドを発行します。

sudo update-grub2

上記のコマンドを実行すると、次のような多くの情報が表示されます。

見つかった背景画像:imagename.tga

どこ imagename.tga スプラッシュスクリーンに使用している画像です。

これでUbuntuを起動して特別なスプラッシュスクリーンを表示する準備ができました。

最終的な考え

いいえ、それはあなたをより良いユーザーにするつもりはありませんが、それはあなたやあなたの会社があなたのブランドをよりよく見せることを可能にするでしょう、あるいはあなたがあなたのPCをもっともっとカスタマイズすることを可能にするでしょう。 Linuxはそのように優れています。