プロセスを自動強制終了するプロセスのバッチ強制終了

windows softwareプロセスの自動強制終了は、Windowsで実行中のプロセスを一括強制終了するように設計されています。なぜ誰かがそれをしたいのでしょうか?この機能が役立ついくつかの理由があります。コンピュータのメモリとCPUパワーが1メガバイト増えるごとにメリットがあるプログラムを起動することを検討してください。たとえば、一部のゲーマーは、ゲームセッションを開始する前に、多くのプロセスを無効にして強制終了することを好みます。何らかの理由で削除できない場合は、スタートアッププロセスを強制終了すると便利です。

ソフトウェアプログラムは、プログラムの設定で構成されるいわゆるヒットリストで動作します。ヒットリストには基本的に、ユーザーがkillコマンドに含めたいプロセスの名前が含まれています。新しいプロセスは、プログラムの追加タブに表示される実行中のプロセスのリストから追加するか、インターフェイスのカンマ区切りリストまたはhitlist.txtファイルに直接プロセスの名前を手動で入力することで追加できます。

processes

ヒットリストにリストされているすべてのプロセスを強制終了するには、Auto Kill Any Processのプログラムアイコンをダブルクリックするだけです。これは手動のプロセスであり、自動化したいユーザーは、Kill Processなどのさまざまなアプリケーションを使用する必要があります(参照: Killプロセスを使用したプロセスの一括削除 )またはProcess Lasso(参照: Process Lasso a Process Manager )。

プログラムの設定ショートカットを起動することにより、いつでも構成を変更できます。 Auto Kill Any Processには、Microsoft .net Framework 2.0が必要です。 Microsoft Windowsのほとんどのバージョンと互換性があり、Windows XP SP3を実行しているシステムでテストされています。の ダウンロード 開発者のウェブサイトで入手できます。