59ヘルツのリフレッシュレートとウィンドウ

私のHP w2408wコンピューターモニターは、Windows 7を実行しているコンピューターシステムに接続されて以来、59ヘルツのリフレッシュレートを表示していました。アダプターのディスプレイ設定で60ヘルツオプションを利用できましたが、代わりに、値は常に59ヘルツに戻ります。

インターネットで59ヘルツの問題を検索すると、同じ問題を報告する多くのユーザーやWebサイトに出くわします。

結局のところ、それはまったく問題ではありません。しかし、Windows 7でリフレッシュレートがどのように変更されるかを最初に見てみましょう。

PCのデスクトップを右クリックし、メニューから[画面の解像度]を選択します。メニューが開いたら、ウィンドウの右下にある[詳細設定]リンクをクリックします。

新しいウィンドウが開きます。 [監視]タブに切り替えます。以下のようになります。

更新 :新しいバージョンのWindowsでは、表示設定を選択し、詳細表示設定を開くページで選択する必要があります。 [ディスプレイアダプターのプロパティ]をクリックし、[モニター]タブに切り替えて同じメニューを表示します。

59 hertz refresh rate

59ヘルツは、コンピューターモニターの報告された画面リフレッシュレートです。プルダウンメニューをクリックすると、60ヘルツの設定が表示されます。このリフレッシュレートは選択できますが、固定されません。変更を適用してメニューに戻ると、画面のリフレッシュレートが59ヘルツのままであることがわかります。

マイクロソフトの指摘によると、問題は問題ではありません 知識ベース

一部のモニターは、59.94HzのTV互換タイミングを報告します。したがって、Windows 7は、そのタイミングでサポートされるすべての解像度に対して、59Hzと60Hzの2つの周波数を公開します。 59Hzの設定により、Windows Media CenterなどのアプリケーションでTV互換のタイミングを常に利用できるようになります。 60Hz設定は、60Hzを期待するアプリケーションの互換性を維持します。

Windows 7では、ユーザーが60Hzを選択すると、OSは59.94Hzの値を保存します。ただし、ユーザーが60Hzを選択した場合でも、59Hzはコントロールパネルの画面リフレッシュレートに表示されます。

これは基本的に、Windowsが画面のリフレッシュレート設定に示されている値に関係なく、常に59.94Hzのリフレッシュレートを使用することを意味します。

これは他のモニターのリフレッシュレートにも影響します。具体的には次のとおりです。

* 23.976Hz、ただし24Hzは不可
* 29.970Hz、ただし30Hzは不可
* 47.952Hz、ただし48Hzは不可
* 71.928Hz、72Hzは不可
* 120Hzではなく119.880Hz

結論としては、Windowsは、問題のモニターに応じて、59ヘルツまたは60ヘルツをリフレッシュレートとして表示します。一方、Windowsは、モニターが報告する内容に関係なく、59.94Hzのリフレッシュレートを使用しますが、周波数を期待するアプリケーションには60Hzを使用します。